SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マクドナルド携帯クーポン利用率は97%と圧倒的、しかし高付加価値バーガーのリピート率は?

マクドナルドが圧倒的な存在感

 medibaは、同社のリサーチ会員を対象に、「ファーストフード」に関するモバイルリサーチを実施。4月に行われた調査では東京都23区内在住の学生・会社員・専業主婦ら750人から回答を得た。

 ファーストフード店を月2回以上利用している人の割合は、「マクドナルド」が最も多い57.9%で、「ミスタードーナツ」(12.4%)、「モスバーガー」(8.8%)が続いている。ファーストフードでケータイクーポン券を利用したことある人の割合は82.4%にのぼっており、利用した店舗は「マクドナルド」が97.1%と圧倒的な1位。2位の「ケンタッキー」の23.9%に大きく水をあけるかたちとなっている。 

性年代別・ケータイクーポン利用・ファストフード(ケータイクーポン利用者ベース)

 上のグラフを見ると、ケンタッキーとミスタードーナツは30代・40代の女性の利用割合が平均より高くなっている点が特徴。また、ケータイクーポンの利用経験者の割合が最も高いのは、15~19歳の女性で96.0%となっている。

性年代別・ケータイクーポン利用経験の有無

話題の高付加価値バーガーの人気

 今回の調査では、ファーストフード3社が提供している高付加価値ハンバーガー、「クォーターパウンダー・チーズ」(マクドナルド)、「絶品チーズバーガー」(ロッテリア)、「とびきりハンバーグサンド」(モスバーガー)についても比較分析を行っている。

ファーストフード3社の高付加価値ハンバーガーの認知度・食事経験・リピート意向

 このうち、認知率が最も高いのは、「クォーターパウンダー・チーズ」の86.5%で、実際に食べたことのある人の割合も44.8%と最も高くなっている。しかし、「また食べたい」と感じるリピート意向では「とびきりハンバーグサンド」が77.2%で、「クォーターパウンダー・チーズ」は「絶品チーズバーガー」とほぼ同じ53.0%に甘んじている。

 また、「食べたことがないけれども食べてみたい」という意向を持っている人の割合でも「とびきりハンバーグサンド」と「絶品チーズバーガー」がともに7割を超えているのに対して、「クォーターパウンダー・チーズ」は53.7%。売上においても破竹の勢いのマクドナルドだが、このリピート意向や食事意向の低迷は気になるところだ。

【関連記事】
携帯ユーザーの4人に1人がマクドナルドの携帯サイトを利用
マクドナルド、全店売上5000億円を達成したH20年度純利益は58.5%増
携帯クーポン利用経験は「ファーストフード」が約8割、マクドナルドに高評価
1月の外食産業、ファーストフードが売上を牽引、4か月連続で前年を上回る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/13 13:10 https://markezine.jp/article/detail/7277

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング