SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

千趣会がオムニチュア「SiteCatalyst」導入、PDCAサイクルでサイトの競争力向上へ

 女性向けのカタログ通販事業を展開する千趣会は、870万人を超える会員を有し、18種類の主要カタログを発行している。

 千趣会ではこれまで高度な解析スキルが必要なウェブ解析ツールを利用し、全社的に正確な数字を把握するために時間と手間を要していたが、Omniture SiteCatalystを導入することによって、人気のコンテンツや購入・売上に貢献しているコンテンツを実際のサイトを見ながら視覚的に、あるいはわかりやすいレポートからタイムリーに把握することが可能になった。また、サイトの各カテゴリの担当者がブラウザからログインし、データ分析やレポートの確認をできるため、業務の効率化とPDCAサイクルの迅速な推進を実現している。

 千趣会では、こうしたPDCAサイクルを日々まわしていくことが、サイトの競争力向上に不可欠であるとしており、同社が運営するベルメゾンネットなどのECサイトにおいて、訪問者の行動傾向やサイト上プロモーションの効果を分析し、会員数と売上のさらなる向上を目指す。

【関連記事】
米オムニチュア、24/7 Real Mediaと統合サービスを展開
DACとオムニチュア、オンラインマーケティングソリューションの提供で協業
「オムニチュアにとっても今年は変化の年になるだろう」 Omniture Summit 2009がスタート
NHKオンデマンドが「SiteCatalyst」を導入
読売テレビが「Omniture SiteCatalyst」を導入、テレビ視聴率に対するウェブ貢献度分析などを実現へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング