SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「検索」ではなく「計算」で答えを見つける「WolframAlpha」

 Wolfram Researchが公開したWolframAlphaのトップページには、検索エンジンとおなじように入力欄が用意されている。しかし、このサービスの目的はGoogleのようなウェブ検索ではなく「計算(compute)」。WolframAlphaは現在、10兆以上のデータと5万種類以上のアルゴリズムとモデル、1000以上の言語についてのデータを持っている。

WolframAlphaのトップページ

 検索エンジンはウェブページへのリンク情報を提供するが、WolframAlphaは内部のナレッジベースとアルゴリズムを使って特定の質問に対する答えを計算する。また、Wikipediaはトピックについて語られた情報を提供するが、WolframAlphaは特定の質問に対する答えとして、物語ではなく事実を提供する。つまり、自身を専門的な知識を提供する知識エンジンだと定義している。

 以下は「Japan」と入力して表示されたページ。日本についてのさまざまなデータが表示されている。また現在、世界的な規模でひろまっているインフルエンザについて調べてみると、WolframAlphaでは「Influenza」という言葉についての解説が表示されるが、Googleでは、インフルエンザに関するニュースなど現在進行形の情報が多数表示される。これによって両者の目的の違いがわかるだろう。

「Japan」について結果ページ

 WolframAlphaを開発したWolfram Researchは、計算、モデリング、シミュレーション、可視化が可能な計算ツール「Mathematica」を開発・販売しており、この20年以上もの歴史を持つ計算ツールの成果を利用してWolframAlphaは開発された。WolframAlphaのナレッジベー スのほとんどはより体系化された一次ソースをもとにしている。また、情報ソースについては結果ペー ジにあるリンクをクリックすると表示される。

 WolframAlphaは、すぐには成果を出そうとしておらず、今度数十年間にわたって開発を続けていくとしており、広告展開についても将来の目標だとしている。

【関連記事】
Google対抗にはほど遠い? 自他ともに認める「Wikia Search」の仕上がり具合
Googleが考えるとオンライン百科事典はこうなります。知識共有サイト「Knol」オープン
Wikipedia創始者「すべてを変える検索エンジン」の開発計画を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/18 11:42 https://markezine.jp/article/detail/7305

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング