SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アクセス向上大失敗~ここがまずかったかな?~

第4回 見栄っ張りの失敗

それから数年…

 と、メリットなどひとつもない「自作見栄っ張りバナー広告」を貼った私。今思えば、なぁ~んだ、そういうことだったのですねぇ~、という感じです。 そう、当時の私は広告配信についての知識がまったくなかったのです!(情けない…)。

 広告配信サイトの仕組みは、広告を出したいサイト(主に企業でしょう)から受注を受け、そのバナーを貼ってくれるサイトを広く募集し(ここでパーソナル契約)予め発行されるHTMLタグを自分のページに埋め込み、自分のページが表示される都度「広告バナー」が表示されるというものですね。

 で、わざわざ広告を埋め込んだ見返りは「その広告を1クリック=¥15 支払う」とか、広告サイトのサービスを実際に自分のページ経由で申し込んでくれたら「申し込み金額の10%」とか、特色を打ち出すために色々な「スタイル」があるようです。

 こ、これなら、「 見栄っ張り 」とは言えない? かなぁ?? どうせ期待できないにしても、長~~~い目でみれば 「一ヶ月のプロバイダ料金」 くらいの見返りがあったかもしれませんねぇ。

 ただ、そのような広告配信のモデルも、最近ではアフィリエイトに取って代わられているのが現状ですね。アフィリエイトのひろがりによって、個人でも気軽にお小遣い稼ぎができるようになりました。アフィリエイトについてはMarkeZineさんのほかの記事にいろいろとテクニックが紹介されているのでここでは割愛しますが、今やるならこっちのほうが断然オトクです。


いずれにせよ、私なりに…



当時の私に言ってあげたいです(涙)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アクセス向上大失敗~ここがまずかったかな?~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

イグロス(イグロス)

1999年よりホームページ運営開始。現在は、その当時の失敗談を事細かにレポートした「アクセス向上大失敗」で、「大失敗」なのに「大??」。現在は主婦をはじめとするネット初心者にアフィリエイトの魅力を指南している。素性はなんとエンジニア。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/07/25 00:00 https://markezine.jp/article/detail/78

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング