MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ブロガーを支援 “日本初”の本格的ブログネットワーク運営会社誕生

2007/02/23 00:00

 ブログの口コミで企業の商品がヒットするなど、新たなメディアとして今、ブログが注目されている。国内ブログ利用者数は延べ800万人を超えているといわれ、日記という枠を超えて、存在感が増している。そのような中、企業と有力ブロガーを仲介する、日本初の本格的ブログネットワーク運営会社「アジャイルメディア・ネットワーク株式会社」(以下、AMN)が2007年2月13日に誕生し、設立記者発表会が22日に22日に東京都千代田区丸ノ内の三菱ビルにて設立記者発表会が行われた。

「質の高いブログを支援したい」。AMN代表取締役・坂和敏氏(写真)が発表会の冒頭で述べたように、AMN設立の目的は日本語ブログ界のさらなる発展だ。AMNは多くの読者から支持を受けている有力ブログを厳選し、「パートナーブログ」として支援。パートナーブログはAMNを仲介し、企業の広告を配信・掲載する。

左からAMN代表取締役・坂和敏氏、取締役の御手洗大祐氏、織田浩一氏、竹田茂氏

 企業にとっては情報に敏感な読者に対して効率的に広告を配信でき、またブロガーはブログ広告からの収入によって、ブログを安定して継続できるような環境が整う。日本では始めてといっていい試みだが、米国を初め世界的には、有力ブログは企業から広告収入を得ながら、ビジネスパーソンの情報源となっている背景がある。

 2007年2月現在、AMNのネットワークにはパートナーブログとして12の有力ブログが参加しているが、今後順次追加していき、1年後には50ブログまで増やし、億円の売上を目指し、将来的には厳選された100ブログをラインナップしたい考えだ。しかしこれまでブログが口コミとして読者の信頼を得ていたのはあくまでいち消費者としての立場であったから。この図式が変わり、企業からお金をもらって情報を発信するブログが、米国などのように日本でも支持されるのか今後注目される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5