MarkeZine(マーケジン)

記事種別

占いコンテンツのASP事業で成功したGT-Agencyの「ベンチャーらしからぬ」経営のコツ

携帯コンテンツ事業者や各種のメディアを中心に多くの顧客をもつGT-Agency。「占い」「ASP」をキーワードにした事業で成功した同社に、すべらない秘訣を聞いた。

Q1.貴社の事業内容を教えてください

 占いコンテンツを法人企業向けに提供させていただくビジネスを行っています。今日の運勢や、相性占い、タロット占い、血液型占い、また心理テストコンテンツなどをパッケージ化し、ドメインないしサイト単位で月額3万円にてライセンス提供させていただいております。

GT-AgencyのASPサービス「Web ad Fortune」

 主な顧客は携帯サイトを運営されている企業様ですが、PCサイトを運営されている企業様はもちろん、Web以外でも新聞、テレビ、街頭ビジョンなど多くのシーンで当社の占いコンテンツは利用されています。

Q2.占いASP事業を始めたきっかけを教えてください

 原宿にある「竹下通り占い館塔里木(タリム)」との提携がきっかけです。
タリムのインターネット展開を行うという理由で、株式会社GT-Agency は当初設立されました。

Q3.  他の占いASPとの競争優位性や差別化は何になりますか?

 特に同業他社のサービス内容を調査・チェックしていないため、差別化は何か?を答えることは非常に難しいです。

Q4.  クライアントに支持される理由は何ですか?

 具体的にクライアントにリサーチをかけたことがないので厳密なことは分からないのですが、

・契約に1年縛りなどの条件がなく、1ヶ月単位の契約が可能なこと
・初期導入費用がかからないこと(月額費用のみ)
・多くの占いコンテンツが安価でパッケージ化されていること(バリエーションが多いことは非常に重要です)
・サービス内容がシンプルなこと(作業工数的にもかなり導入しやすくまとまっています)
・導入サイトで占いコンテンツを利用する際の自由度が高いこと

 などがあげられるのではないかと思います。

PVアップ、会員獲得など目的に応じて活用できる

Q5. 占いASP事業を進めるにあたり苦労した点を教えてください

 2006年の起業当時は、現在のように、占いコンテンツが多くのサイトに当たり前のように設置されている、という状況ではなかったので、コンテンツビジネス・メディアビジネスをされる多くの企業様に対する啓蒙活動をいかに行っていくのか、と言う点が大変でした。

 3年以上サービス内容は変わってないのですが、初期は全く企業様に採用いただけなかったです。

 市場に対する啓蒙活動と言う期間が1年近くあったと思うのですが、その時期が一番大変でしたね。その後は現在もですが、非常に楽でした。2006年の精力的な活動の結果、市場に認知され、広まったことで2007年以降の営業活動は非常に楽に進んでいます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5