SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ドラゴンボール」がPC用オンラインゲームとして2008年に登場

 バンダイナムコゲームスは、「ドラゴンボールオンライン」のサービス開始を決定したことを、3月20日に発表した。2007年夏に韓国でβテストサービスを開始し、日本でのサービス開始は2008年になる予定。

 PC用のMMORPG(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)として開発される「ドラゴンボールオンライン」は、原作コミックのはるか未来という独自の設定。プレイヤーは、髪型などをカスタマイズできる自分自身のキャラクターを作成し、他のプレイヤーとチャットや対戦をしたり、協力して敵を倒すなどのイベントをクリアしながら、キャラクターを成長させていく。さらに、原作シリーズにはない新キャラクターも登場するなど、オンラインゲームならではの楽しみ方が加わるようだ。

 原作者である鳥山明氏が全面的に監修に参加。発売はバンダイナムコゲームス、企画・開発はNTL。韓国でのサービスはバンダイコリアが行う。サービス料金やダウンロード価格は現在未定となっている。

プレスリリース:「PC用オンラインゲーム「ドラゴンボールオンライン」のサービス開始を決定」 (PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:47 https://markezine.jp/article/detail/935

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング