SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフーが広告掲載ガイドラインを変更、復縁行為などを非掲載に

 新しい掲載ガイドラインの対象となるのは、スポンサードサーチ、スポンサードサーチ モバイル、インタレストマッチで、広告を掲載できないサービスとして「各種工作行為(復縁させる行為、別れさせる行為など)」を追加し、こうしたサービスを取り扱っているサイトは広告を掲載することができなくなる。

 また、ガイドラインに「国家資格を有する業種(弁護士/司法書士)」を追加し、広告掲載にあたっては、代表者氏名、事務所住所、事務所電話番号、代表者の所属会の記載があること、各士業の所属会の定める広告関連規定に抵触しないこと、取扱業務における明確な料金体系の表示が求められる。

 新掲載ガイドラインの適用開始日は2月1日。掲載中の広告はこれ以降順次非掲載となり、1日以降に審査に申し込む場合は新基準での審査となる。

【関連記事】
ヤフー、スポンサードサーチ(PC版)の地域ターゲティング機能を強化
ルグラン、ヤフーのリスティング広告の編集負担を軽減するエディター発表
オーバーチュア(現ヤフー)、「インタレストマッチ」の審査方法変更

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/01/20 11:50 https://markezine.jp/article/detail/9394

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング