SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MarkeZine Day Spring 2010が3月9日に開催
テーマは「個客」マーケティング

 今年で4年目を迎えるMarkeZine編集部の主催イベント『MarkeZine Day』。3月9日に開催する『MarkeZine Day Spring 2010』のテーマは「個客」マーケティングとなった。最適なターゲットに的確なタイミングでアプローチする方法や、アプローチしたターゲットとの関係の作り方など「顧客」を「個客」化するノウハウをリーディングカンパニー各社が解説していく。

【開催概要】
イベント名:MarkeZine Day Spring 2010 (マーケジン・デイ・スプリング 2010)
開催日:2010年3月9日(火)13:00から開始予定
主催:翔泳社 MarkeZine編集部
会場:ベルサール神田
参加者予定人数:450~600名(延べ人数で想定)
参加費:無料
想定参加者層:

  • 限られた予算の中で効率的なマーケティングを行いたい企業の広告・マーケティング担当、企業のWEB担当者
  • 今までビジネスを展開していた市場の縮小により、新基軸としてネットビジネスの推進を考えているインターネット事業担当者
  • データを活かしたマーケティング実施環境を整えたいと考えるCRM担当者・推進者
  • ターゲットに対して的確なアプローチをしたいと考えるEC・通販サイトの運営担当者・マーケティング担当者

 なお、MarkeZine Day Spring 2010への参加申し込みは2月上旬から予定している(概要はティザーサイトへ)。

MarkeZine Day 2009の会場風景。
毎年多くの参加者を集めるMarkeZine Dayは
マーケティング関係者にとっては、新しい知識を吸収する場として定着している
MarkeZine Day 2009の会場風景。毎年多くの退場者を集めるMarkeZine Dayはマーケティング関係者にとって新しい知識を吸収する場として定着してきている
MarkeZine Day 2009の会場風景。毎年多くの退場者を集めるMarkeZine Dayはマーケティング関係者にとって新しい知識を吸収する場として定着してきている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/01/25 17:17 https://markezine.jp/article/detail/9429

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング