SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

話題のサービスを詳細解説(PR)

簡単・早い・安心な新サービス
「さくらのマネージドサーバ Atomプラン」試用レポート

 さくらインターネットが昨年より提供を開始したマネージドサービス「さくらのマネージドサーバ Atomプラン」は、「最短で当日提供」「専門知識不要」「保守・運用の心配ナシ」を実現。システム部門のない中堅・中小企業やWeb制作会社には嬉しいサービスだ。この記事では、ユーザーの立場に立って同サービスのメリットを紹介していく。

中小企業・Web制作会社にとって目からウロコの新サービス

 さくらインターネットの新サービス「さくらのマネージドサーバ Atomプラン」は、共有レンタルサーバと専用レンタルサーバ、両者のメリットをリーズナブルな価格で提供するサービスだ。

さくらのマネージドサービスはリーズナブルな価格を実現している。
機能の詳細はさくらインターネットサイトで確認できる

 さくらのマネージドサーバ Atomプランの利用者ターゲットは、多数のサイト制作・運用を請け負うWeb制作会社や、システム部門を持たない中堅・中小企業やSOHOなどを想定しているという。筆者はWeb制作会社の株式会社エフエックスビイを運営しており、まさにこのターゲットに位置している。

 Web制作者の立場から、さくらのマネージドサーバ Atomプランのサービス内容を見ると「専用なのにすぐに使える(早さ)」「サーバの専門知識がいらない(簡単)」「保守・運用の心配なし(安心)」といった3つのメリットがあると言える。もちろん、企業のWeb担当者にもこれがあてはまるだろう。

 それでは、この3つのメリットがWeb制作会社やシステム部門を持たない中堅・中小企業にとってどういったメリットをもたらすのか筆者の実体験も踏まえ紹介していこう。

早い!~専用と同環境だがすぐ使える

 一般的な共有レンタルサーバの場合、既にセットアップされたサーバを利用するため、オンラインでの申し込み後、すぐに利用することが可能だ。しかし、1台のサーバを複数ユーザーで利用するため共有している他社の利用状況に自社のサイトのパフォーマンスが左右されてしまうという難点がある。

 特にデータベースを利用するCMSやECサイトのシステムなど、管理画面の動作が緩慢になると運営側の更新作業もままならない。サイトのエンドユーザー側に対しては、ページの表示はもちろん、サイト内検索やフォーム送信の操作にもキビキビ応えたいものだ。

 一方、パフォーマンスに不安がある場合、専用レンタルサーバが選択肢として挙がる。この場合一般的に申し込み後、事業者側で機器の調達やセットアップなどで数日~10日程度のリードタイムがかかるため、制作スケジュールに織り込んでおく必要があるのが当たり前であり、筆者も専用サーバの調達にあわせてサイトのリリース日を決定した経験を持っている。

 しかし、さくらのマネージドサーバ Atomプランなら申込みから最短で当日から利用できるため、共有レンタルサーバのようにすぐに利用でき、専用レベルの環境でありながら共有レンタルサーバと同程度のスピード感で仕事を進めていくことが可能だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
簡単!~サーバの専門知識がいらない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
話題のサービスを詳細解説連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

 就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/03/05 19:40 https://markezine.jp/article/detail/9470

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング