SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファストファッション認知率ベスト3は、ユニクロ、GAP、H&M

 クロス・マーケティングは、最新の流行を取り入れたファッションをファストフードのような感覚で手ごろな価格で購入できる「ファストファッション」について2月に調査を行い、全国20~69歳の男女1200名の回答をまとめた。

 その結果、「ファストファッション」の全国での認知率は4割半で、首都圏在住の女性20代では7割強に達している。全国でのブランド認知度は「ユニクロ」(95.7%)が1位。次いで「GAP」(64.5%)、「H&M」(56.8%)、「FOREVER21」(37.6%)、「ZARA」(29.6%)、「TOPSHOP」(4.1%)と続いている。

 来店状況は首都圏では「ユニクロ」が約8割と突出して高く、「ユニクロ」を除き、すべてのブランドで男女とも年齢が若いほどよく来店しているという傾向が見られた。また、「GAP」「FOREVER21」の来店経験者は商品購入が4割以上と、「ユニクロ」を除く他ブランドより購入経験が高く、「GAP」「ZARA」の来店経験者の2人に1人が、各々のブランドへ再度来店したいと考えており、他ブランドより再来店意向が高くなっている。

【関連記事】
強まる日本発ブランドの下落、H&Mのブランド価値はユニクロの6.3倍
ユニクロ、ロシアに1号店をオープン
主婦は「H&M」「Forever 21」でトレンドチェック

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/03/03 13:10 https://markezine.jp/article/detail/9756

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング