SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本音楽団体協議会、MySpaceで国内アーティストの情報を英語で発信

 アニメや音楽など日本のポップ・カルチャーの海外での人気が高まりを見せるなか、「日本語で歌うのが当たり前」といった若年層のファンが増加し、日本人アーティストの海外コンベンションやイベントへの出演要請が急増している。

 日本音楽事業者協会、音楽出版社協会、音楽制作者連盟からなる日本音楽団体協議会は日本の音楽コンテンツのマーケットを世界に拡大をするためのプロジェクト「Sync Music Japan」を発足。数多くのミュージシャンやアーティストが登録していることで知られるSNS「MySpace」を運営するマイスペース株式会社が運営事務局として参加する。

 Sync Music Japan専用ページでは、海外で活動しているアーティストだけでなく、海外進出を目指すアーティストに、プロフィールページや海外での最新活動情報などを英語のニュースとして紹介する。

【関連記事】
MySpace、モバイル試聴配信ツールを提供
倖田來未、レミオロメンらががおすすめ動画を紹介する「My YouTube」
2009年音楽ダウンロード数は2%ダウン、金額は横ばい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/03/29 14:45 https://markezine.jp/article/detail/9981

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング