SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

B2B2C(BtoBtoC)

読み:ビートゥービートゥーシー
正式名称:Business to Business to Customer/企業と一般消費者の取引を仲介する事業

記事更新  

【意味・内容】

企業と一般消費者の取引を仲介する事業

【解説】

企業と一般消費者の間に、別の企業が入ってビジネスを仲介する取引形態で、特に真ん中のB(企業)の仲介ビジネスモデルを指す。Amazonや楽天、ZOZOTOWNのように、売りたい企業と買いたい個人をつなぐプラットフォーム事業はB2B2Cの具体例。インターネットビジネスに限らず、コンビニや量販店などもB2B2Cに含まれる。

【英語表記】

Business to Business to Customer

「デジ単」デジタルマーケティングの単語帳 イメージでつかむ重要ワード365』より抜粋

同じカテゴリの他の用語

「概念/理論」カテゴリの用語一覧へ

新着記事

用語集TOPへ