SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ウォーターフォール とは?(Waterfall/設定した優先順位に従って広告が差配される仕組み)

ウォーターフォール

記事更新  

【意味・内容】

設定した優先順位に従って広告が差配される仕組み

【解説】

アドサーバ上で設定した優先順位に従って広告を割り付けていくこと。例えば「予約型広告①→予約型広告②→アドネットワーク→SSP①→SSP②」といった形で優先順位を設定すると、この順番で広告が割り当てられていく。この場合、SSP②はたとえ一番高い単価であったとしても、最後にしか出番が回ってこない。このようにアドサーバの優先順位に従い上位設定から下位設定を順番に広告差配するため、ウォーターフォールと呼ばれている。

【英語表記】

Waterfall

「デジ単」デジタルマーケティングの単語帳 イメージでつかむ重要ワード365』より抜粋

カテゴリの他の用語

カテゴリの用語一覧へ

用語集TOPへ