SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PCで聴ける「ラジコ」が予想を上回る人気
「聴いてみたら楽しかった」「久しぶりにラジオを聴いた」

 IPサイマルラジオ協議会は、3月15日に提供を開始したパソコン向けのラジオ番組配信サービス「ラジコ」の利用状況を発表した。サービス開始当初はアクセスが集中し、ウェブページにつながりにくい状況も発生したが、サービス開始1週間で、総ストリーム数523万、ウェブページの総PVは約4710万PVと好調だ。これまでは、夕方から深夜にかけて聴取者が増加するのがラジオ放送の聴取パターンと考えられていたが、ラジコでは異なる傾向が見られ、パソコンの利用が新たな聴取シーンを生みだしているようだ。

 利用者の反応を見ると、雑音のない高音質のラジオ番組が聴けることが、高い評価を得ており、ラジオの聴取習慣のない人たちからは「聴いてみたらおもしろい」「新しい楽しみが増えた」といった感想が寄せられている。また、ラジオファンだった人たちも「久しぶりにラジオに戻ってきた」と新サービスを歓迎する声が数多く寄せられているという。

 今後は、スマートフォン対応、オンエア楽曲の表示などの要望に対応できるよう、ウェブブラウザを起動せずに聴取できる「radikoガジェット」を12日にリリースする。

 また、今回のサービスは都市部を中心とした難聴取の解消を目的としたもので、実質的な放送エリア(注)に向けた試験配信という枠組みで提供しているが、エリア外の聴取を可能にするサービスが出てきたことを受けて、IPサイマルラジオ協議会は、ストリーミングのセキュリティを強化することで対応すると発表。エリア外聴取環境の提供、収益を得るものなどラジコの存続を危うくするサービスに対する措置であるとして、理解を求めている。

(注)ラジコの放送エリアは、東京局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)については、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)については、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県で聴くことができる。

【関連記事】
パソコンがラジオになる、主要ラジオ局が「IPサイマルラジオ」試験配信
ニコニコ動画でラジオ番組「ニコラジ」開始
ラジオNIKKEIがiPhoneで聴ける「RADIONIKKEIアプリ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/04/08 15:31 https://markezine.jp/article/detail/10058

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング