MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSはコミュニケーション目的で利用、ミニブログは情報収集目的で利用
目的別に使い分けを行うネットユーザー像【リサーチ】

 モバイルソリューション事業などを展開するIMJモバイルでは、今回ソーシャルメディアに関する利用実態調査を行いました。その結果、インターネットユーザーの9割がソーシャルメディアを利用していることや、積極的なソーシャルメディア投稿者はユーザーの3割にのぼり、情報収集・発信に積極的で、おススメ情報をSNSに書き込む傾向にあることなどがわかりました。【バックナンバー】

調査結果概要

 調査結果より、ソーシャルメディア利用者はインターネット利用者の9割超を占めることがわかりました。また、ソーシャルメディア利用者のうち積極的に投稿しているソーシャルメディア投稿者(以下、投稿者)は約3割にのぼり、女性に多いことが特徴となっています。投稿者は情報発信や収集に積極的で、自分が良いと思うものを人にクチコミする際もSNSなどのソーシャルメディアを利用している傾向がみられます。また、投稿頻度も高く、SNSやミニブログ(Twitterなど)へ毎日投稿しているユーザーはSNSでは約3割、ミニブログでは約4割にのぼりました。

 一方、ソーシャルメディアユーザーが閲覧している日記・コメントは、SNSでは「実生活の友人・知人」の投稿によるものが最も多いのに対し、ミニブログでは「役立つ・参考になる情報を書いている人」が最も多く、コミュニケーションよりも情報収集を目的としている様子が伺えます。また、定期的にミニブログへ投稿しているユーザーの約2割は企業による発信も読んでいるという傾向があり、企業は投稿者が発信しやすい情報・体験をミニブログで提供することで、バズマーケティング効果がより高まるものと推察できます。

調査結果のトピック

  • インターネットユーザーの9割超はソーシャルメディアを利用
  • 投稿者は情報発信するだけでなく、情報収集にも積極的
  • 投稿者の3人に1人はブログ、4人に1人はSNSでクチコミを伝達
  • SNS、ミニブログともに投稿頻度は「毎日」が最多
  • SNSはコミュニケーションツール、ミニブログは情報収集ツール
※ここでのソーシャルメディアとは、以下のサイトを指しています。

  SNS、ミニブログ、Q&Aサイト、製品・サービスのレビューサイト、ショッピングサイトのレビュー、ブログ、動画共有サイト、画像共有サイト、企業サイト内のコミュニティ、ナレッジ共有サイト

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:15~59歳の男女 ※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数:1000サンプル
  • 調査日時:2010年3月2日~3月5日
  • 割付条件:性年代別のインターネット利用人口比率を、「平成21年8月総務省全国男女別推計人口」の性年代別比率を元に算出し割付を行った
    ※インターネット利用比率は総務省「平成20年通信利用動向調査」を参照
■性年代(n=1000)
■性年代(n=1000)
■居住地域(n=1000)
■居住地域(n=1000)
■職業(n=1000)
■職業(n=1000)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5