SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本初の「出店自由」なオープンソースソフト製品取引サイト開設

 製品取引サイトではこれまで、取引実績があり、完成されたパッケージを扱う企業だけが商品の登録ができた。このような中、株式会社ケアブレインズは、優秀なオープンソース技術者・企業のビジネス化を支援するために「SugarCRM™」(SugarCRM Inc.が開発。オープンソース開発コミュニティをベースにした高機能、低価格、セキュアなオープンソースCRMソリューション)をはじめとするコマーシャル・オープンソース・ソフトウェアや関連ソリューションを自由に出店し、売買ができる製品取引サイト「@エクスチェンジ™」を4月19日オープンした。

 @エクスチェンジ™を利用することで、優れたソフトウェアやソリューションを開発した技術者や団体は、それを必要とする顧客に即座に商品を届けることが可能になる。@エクスチェンジ™に出展するためには簡単な事前の審査を必要するが、原則として出店者の制限を設けず、出店料金も当面は無料だ。SugarCRM™をはじめとするコマーシャル・オープンソース、カスタマイズコード、連携ソフトウェア、インテグレーションサービス、オンデマンドサービス、研修など、顧客にとって価値のある製品を登録することができる。なお出展者は、販売代金の15%を手数料としてケアブレインズに納める必要がある。

 ケアブレインズはまた、@エクスチェンジ™に出店された製品の認定プログラムを年内に開始し、コマーシャル・オープンソースCRM「SugarCRM™」の利用者がSugarCRM™の画面から認定済みの商品を安心してオンラインで購入できる仕組みも提供する予定だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 21:28 https://markezine.jp/article/detail/1089

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング