MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google Mapsの"2.5次元地図"は、拡大すると新鮮な驚きが

2007/04/20 12:00

 Googleの地図情報サービスGoogle Mapsでは、平面地図と航空写真を公開しているが、この地図の表面に変化が起こりつつある。丸の内周辺を表示した地図を拡大して見てみよう。一部の大きなビルが立体表示されているが、それ以外はビルの形が平面的に描かれているだけだ。

一部のビルが立体的に描かれた丸の内周辺地図。

 しかし、ニューヨークのマンハッタンを表示して拡大してみると、すべてのビルが美しい半透明の立体構造を持った描画に変化している。

ニューヨークの地図は、小さなビルまですべて半透明の立体表示となっている。
「やや渋滞」を意味する黄色い道路表示が透けて見える。

 この描画を評して、Google Mapsの情報サイトGoogle Maps Maniaでは、「2.5次元地図」と呼んでいる。この処理がなされるのは、同サイトによると米国内の約38都市の地図に限られているようだ。拡大レベルを3~4にすると、全体に立体表示されるだけだが、さらに1~2にあげると上のニューヨークの地図のような半透明の立体構造を表示するようになる。ちょっとした変化だが、コンピュータならではのエフェクトは新鮮な気分を与えてくれる。

参考資料:"Google Maps adds 2.5D Buildings and Structures "

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5