SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「男性の自殺トップは青森県」厚生労働省が発表

 厚生労働省は4月26日、「都道府県別にみた死亡の状況-平成17年都道府県別年齢調整死亡率の概況」を発表した。年齢調整死亡率とは、人口の年齢構成の影響を調整して求める死亡率。人口規模や年齢構成が異なる地域の死亡数を基準人口で補正し、各集団の死亡率を比較分析する際に使用する。

 つまり年齢調整死亡率が高いほど、自殺率が高いことになるのだが、厚生労働省が発表した資料によると、人口10万対年齢調整死亡率では、2005年には男性が青森県が52.2、秋田県で51.8、女性は高知県が15.1、富山県が13.9でこれらの県が全国でも上位に上がった。東京は男性が26.3、女性が11.2で、男性の自殺率は全国平均を下回った。全国平均は男性が31.6、女性が10.7。平成12年の資料と比べると、全国平均では男性が30.7だったので、微増しているが、女性は10.7だったので増減がなかった。

 長いデフレ不況を脱したといわれる日本だが、地方の中小企業には景気が上向いている実感はない。資料は05年のものだが、今後短期間で全国的な自殺の減少が大幅に進むのは予測しがたい状況だ。

参考資料:「都道府県別にみた死亡の状況」(厚生労働省)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:37 https://markezine.jp/article/detail/1132

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング