SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「小型かつ軽量」大日本印刷がおサイフケータイ®向け情報配信システム開発

 大日本印刷株式会社がおサイフケータイ®向け情報配信システムを開発した。このシステムは、情報配信端末機『PetitPortaTM(プチポルタ)』と、URL管理サーバーで構成されており、おサイフケータイ®をPOP(店頭広告)などに組み込んだプチポルタにかざすと、そのPOPに関連した情報を掲載するWebサイトのURLをおサイフケータイ®に配信するもの。2007年8月より販売を開始する。

 プチポルタは、小型で軽量のため、どんな場所へも設置が可能な他、POPなどのプロモーションツールへ組み込んで利用することができる。これにより利用者は、事前登録なしでプチポルタにおサイフケータイ®をかざすだけで利用できる。携帯電話用プログラムのインストールなどは不要だ。

 例えば下記の写真はプチポルタを組み込んだフリーペーパーラックだが、プチポルタにおサイフケータイ®をかざすと、フリーペーパーと連動したモバイルサイトへ誘導し、周辺案内、クーポンの配信などを行うことができる。その他、キャンペーンでの販促・告知ツール、店頭プロモーションツールとして商品紹介のWebサイトへの誘導、会員登録ツール、イベントでのスタンプラリー、などへの活用できる。URL管理サーバーでは、おサイフケータイ®やプチポルタごとにアクセス数を集計でき、会員情報と紐付けすれば、マーケティング情報として活用することも可能だ。

右は情報配信端末機『PetitPortaTM』、左はフリーペーパーラック活用事例(いずれもDNPニュースリリースから転載)

 大日本印刷はプチポルタはレンタル、URL管理サーバーはASPサービスにて提供し、価格はプチポルタ5台とURL管理サーバーを1週間利用する場合で198,000円(税抜き)を予定しているとのこと。長期利用、カスタマイズに関する費用は別途。大日本印刷は、今回開発したシステムにより、2007年度から5年間で3億円の売上を見込んでいる。

プレスリリース:「大日本印刷 おサイフケータイ®」向け情報配信システムを開発」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:35 https://markezine.jp/article/detail/1145

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング