SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若い世代の2人に1人がソーシャルメディアで悩みを公開
しかし、「つきあいはネットだけ」にとどめる傾向

ソーシャルメディアの利用で「ライフスタイルが変化した」97%

 サイバー・バズのソーシャルメディア研究所は、8月下旬から9月上旬に調査を行い、ブログ・SNS・ツイッターなどのソーシャルメディア利用者である全国20~50代の男女1276名から回答を得た。

 ソーシャルメディアの利用に伴い、ライフスタイルが変化したと回答した人は全体の97%で、ソーシャルメディアを使う動機については、約3人に1人が「自分の周りの人の行動を把握するため」に活用していることが明らかになった。

 具体的なライフスタイルの変化については、「インターネットの利用時間が増えた」「自分の情報を公開する機会が増えた」「友人や知人等が、今何をしているかすぐ分かるようになった」「新しい情報を発見する機会が増えた」「ソーシャルメディア上での友達ができた」などがあがっている。

若い世代ほど「コミュニケーションはウェブだけ」

 また、今までにソーシャルメディア上で自身の悩みを公開したり、打ち明けたことがある人は全体の45%で、20代では51%、30代では48%、40代では36%と年代が上がるにつれて減少している。

 しかし、ウェブ上でつながった人との交流会や、オフ会などに参加したことがある人は、20代では39%、30代では52%、40代では54%と、年齢が高い世代ほど多くなっている。調査レポートではこのことから、若者ほど、コミュニケーションをウェブだけにとどめたがる傾向にあると指摘している。

【関連記事】
ニコニコ動画でソーシャルゲーム「ニコゲー」
アップル、iTunesに音楽のソーシャルネットワーク「Ping」を追加
旅行中もソーシャルメディア依存症が急増?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/09/21 12:20 https://markezine.jp/article/detail/11746

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング