SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

角川グループ、角川書店と角川映画の合併など
大規模なグループ再編を発表

 今回のグループ企業再編は、メガソフトウェア・パブリッシャーとして、出版、映像、ウェブ関連事業や海外事業の強化・成長を目指して行われるもの。映像事業の強化では、角川書店と角川映画を合併。合併後の角川書店は、出版と映像を融合し、映画の企画・製作から配給までを手がける総合映画会社としての機能も備えたコンテンツ・プロバイダーを目指す。

 販売部数の低下傾向、広告収入の減少傾向が続く雑誌事業では、角川マーケティングと角川・エス・エス・コミュニケーションズとの合併を行い、コンテンツのマルチメディア展開による競争力強化を図る。

 また、デジタル事業においては、アスキー・メディアワークスと魔法のiらんどとの合併、角川コンテンツゲートとワーズギアとの合併を行ない、電子書籍、ソーシャルアプリ、電子マガジン、CGMなど分野での事業展開を効率化・強化する。

【関連記事】
角川、台湾・香港に続いて、中国広東省に新会社設立
角川グループ、携帯小説の魔法のiらんどを子会社化
ツイッターで投票すると一夜限りの上映が実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/10/01 12:30 https://markezine.jp/article/detail/11902

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング