SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニコン、デジタル画像を3Dに変換
デジタルフォトフレームで鑑賞できる新サービス

 「my Picturetown 3D」は、ニコンの画像共有・保存サービス「my Picturetown」で提供する会員向けのサービス。自分で撮影した写真を3D画像で楽しめるだけでなく、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」間での3D画像の共有も可能になる。貸し出しのみで提供される専用の3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」は、「Android OS」が採用され、カレンダー、時計、天気予報などの機能も搭載されている。

裸眼で高品質の3D画像が楽しめる、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」

 「my Picturetown 3D」サービスに申し込むと、月3枚まで写真の3D変換が可能(4枚目以降は、1画像300円)。「my Picturetown」フリーアカウント会員の場合、会員費は月額会員費1,995円(または年額会員費19,950円)。2GB以上のストレージが利用できるゴールドアカウント会員の場合は、別途ゴールドアカウント会員費(月額350円から)がかかる。申込み受付は10月26日から、サービス開始は12月上旬から。

【関連記事】
「ニンテンドー3DS」に日テレとフジテレビが3D映像コンテンツを提供
グーグルのカメラマンが撮影したキレイな写真でお店をチェック!「おみせフォト」試験公開
電通、好きな画像でフォトブックやポスターがつくれる 「エンデマ」第一弾はAKB48

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング