SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「2010年以降は仮想世界を『選ぶ』時代に」─野村総研、3D世界の近未来予想図を発表

 野村総研は25日、三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」を発表した。ロードマップではSecond Lifeをはじめとする三次元仮想世界の発展と、普及予測がなされている。

三次元仮想世界のロードマップ

 ロードマップによると、2008年の終わり頃からWebとのシームレス 化やオープンソース化が進み、また家庭用一般PCの性能も向上していくと予想。そのため、2009年頃より三次元仮想世界の利用が普及し、仮想世界ビジネ スの本格化が始まるという。また、普及に伴って仮想世界における法整備の検討が必要になるとしている。

 2010年頃からは誰もが仮想世界を作ることが可能になり、「マルチバース時代」が到来する。この頃になると仮想環境同士の相互運用や、利用者のニーズに応じた仮想環境が複数構築されるようになると予測している。

 なお、「マルチバース」とは「メタバース」が複数存在するという意味。「メタバース」は、三次元仮想世界が現実には存在しない世界であるということから、現実世界を意味する「ユニバース」に、「抽象的な」という意味の「メタ」を加えて作られた言葉。

野村総研:2012年までの三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング