SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、楽天ら6社、迷惑メール対策技術普及のため
「Japan DKIM Working Group」設立

 メールの利用が進むにつれて、迷惑メールの問題も拡大している。迷惑メールの多くが、送信者のメールアドレスを詐称するなりすましメールであることから、ドメイン認証技術が開発され、正当な送信元のメールと詐称メールの判別が可能になり、なりすましによる迷惑メールを排除できるようになった。

 この送信ドメイン技術の中でも、特に注目を集めているのが「DKIM(ディーキム)」で、メールアドレスの詐称だけでなく、メール本体の改ざんも検知することができる。今回、インフォマニア、センドメール、ニフティ、パイプドビッツ、ヤフー、楽天の6社が発起人となり、このDKIMの普及推進のために「Japan DKIM Working Group」を設立。すでに、18社が参加を表明しており、今後は導入形態の標準化や情報提供、安全な電子メール環境確保のための事業者間の連携強化をはかる。

【関連記事】
Facebook、メールでもチャットでもシームレスにやりとりできる「新メッセージ機能」
彼氏に“おねだりメール”を送れるiPhoneアプリ「oneda.li」
「Yahoo!宅配」、メールアドレスかツイッターIDで荷物を送れるサービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/16 12:25 https://markezine.jp/article/detail/12482

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング