SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Yahoo! 6割強、Google1割弱」トップページ設定で両者に大差

 日経リサーチが2007年3月にインターネット利用者に対し、「パソコンのトップページに設定しているサイト」について質問したところ、6割以上(60.5%)が「Yahoo!」に設定しており、2位「Google」(8.8%) 以下に大差をつけていることがわかった。調査は2007年3月15日~3月20日の期間に行われ、16~69歳の男女5,312人から有効回答を得た。

 国内ではGoogleよりもYahoo!が強いことはわかっていたが、それにしても予想以上の大差だった。日経リサーチが公表した資料によると、特に10~20代の女性は71.3%と圧倒的にYahoo!の利用率が高い。Yahoo!をトップページに設定している理由として、「検索が使いやすい」(54.9%)、「利用する機能が多いから(メールやアルバム機能)」(22.0%)といった機能面の評価が高い一方、「単に使い慣れているから」(48.6%)といった消極的な理由も半数にのぼった。

 Googleは「iGoogle」という、Googleの各種サービスやツール、その他さまざまなコンテンツを自由にトップページに設定できるサービスを展開している。コンテンツが定まっているYahoo!よりも使い勝手が良さそうだが、この結果を見る限り、利用者が多いとは言えず、「iGoogle」は浸透するとしてもまだ時間がかかりそうだ。

 また、「直近(1ヶ月)のネットアクセス時に利用したサイト」でも、「Yahoo!」の利用は9割を超える(91.0%)。次いで「Google」(56.8%)、「楽天」(45.7%)、「MSN」(27.6%)、「goo」(27.6%)の順で利用が多かった。

参考資料:「Yahoo! は多機能・ユーザビリティが理由で高い評価」(日経リサーチ)



 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング