MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米国人の6割が「インターネット広告」を無視

2010/12/06 13:10

 この調査は、Harris InteractiveとAdweekMediaが10月上旬に行い、米国の2098人の成人男女から回答を得た。どのような種類の広告を無視するかについては、「インターネット広告」が63%(バナー:43%、検索エンジン:20%)で最も多く、「テレビ広告」14%、「ラジオ広告」7%、「新聞広告」6%となっている。

最も無視している広告(年代別)
(データはAdweek MediaとHarris Interactive調べ)

 また、男女別では回答に差はほとんど見られなかったが、年齢別では違いが出た。55才以上の20%がテレビ広告を最も無視すると回答しているが、これは年代が下がるごとに下がっており、18~34才では9%となっており、ラジオ広告ではこれとほぼ逆の結果となった。また、バナー広告を無視すると答えた人は、35~44才で最も高い47%となっている。また、学歴が高い人ほど、バナー広告やインターネット広告を無視する傾向が見られた。 

【関連記事】
消費者を後押しする三大要素は 「値下げ、送料無料、クーポン」【グーグル調べ】
「リスクがあっても有料リンクを利用したい」中小企業の56.7%
PCアドネットワーク市場、2013年に1000億円に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5