SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

HMVジャパンが本腰を入れたSEO効果測定~費用対効果を測れるSEOエビスが貢献

 国内有数の巨大ECサイト「HMV ONLINE」を運営するHMVジャパンが、SEO効果測定における新たな取り組みを開始している。ユーザーの流入経路の多様化、検索エンジンの多機能化、そしてマーケティングROIの重要性が叫ばれる昨今、SEOの効果を推し量るには、今までのような検索時の表示順位だけでは、不十分となってきた。同社が取り組みを始めた背景、そして、効果測定に利用している「SEOエビス」導入の決め手やその効果について話を聞いた。

表示順位が絶対的な指標ではなくなったSEO

 オンラインのビジネスを行う上で、もはや当たり前の施策となったSEO。しかし、検索時の表示順位で一喜一憂していたのは、もはや昔の話。近年の検索エンジン各社におけるユニバーサル検索や個人別表示の導入、ソーシャルメディアを含めた顧客接点の多様化にともない、“最終的な売上につながったか?”“他施策を含めてROI(投資収益率)はどうか?”といった総合的な評価基準が重要視されはじめている。

 この流れに真っ先に布石を投じたのが、広告効果測定ツール「アドエビス」を提供するロックオンだ。同社は、アドエビスの新オプションとして、SEOの効果測定を可能にする「SEOエビス」を2010年末にリリースした。このオプションをいち早く導入し、活用を進めているHMVジャパンの、マーケティングソリューション推進室長 貞苅勝範 氏に導入の背景や狙いを伺った。

HMVジャパン株式会社
マーケティングソリューション推進室長 兼 EC事業本部EC統括部長
貞苅勝範 氏
HMVジャパン マーケティングソリューション推進室長 兼 EC事業本部EC統括部長 貞苅勝範氏

顧客への利便性を追求しながら成長を続けるHMV ONLINE

 全国に33店舗を構えるHMVジャパンは、オンラインショップでも高い収益を挙げている成功事例として一目置かれる存在だ。1999年にPC向けのオンラインショッピングサイト「HMV ONLINE」を、2000年にモバイルショッピングサイト「HMV MOBILE」をスタートさせるなど、他社に先駆け、早くからEC事業に注力してきた。また、2007年6月には店舗とオンラインでの会員データを統合し、強い顧客分析基盤を構築することに成功。そのデータを活用し、先進的なWebマーケティングの試みを続けている。

HMV ONLINE
HMV ONLINE

 現在、HMV ONLINEは、取扱商品数約320万、月間PV約5000万~6000万、ユニークユーザー数約250万~約300万という巨大サイトに成長している。HMVジャパンの中での、オンラインショップの位置付けについて、貞苅氏はこう語る。

「店舗は実際にお客様が商品を手に取り、すぐに購入できる窓口機能を担う場所と認識している。その場で音楽が聴けて、イベントでアーティストに会えるなどリアルな窓口となる。一方で、店頭に全在庫を置けるわけではないので、オンラインがこれを補完するなど、相乗効果を発揮できる。また、何軒も店舗を回って商品を探すよりも、オンラインでは検索して購入できるといった利便性もある。当社としては、店舗であろうが、オンラインであろうが、スマートフォンを含めたモバイルであろうが、お客様の一番利便性の高いところで購入できるようなマルチデバイス化を進め、各デバイスに即したインターフェースを用意し、使っていただくことが大切だと認識している」

 PCとモバイルの売上比率は、現状、7対3程度で推移。しかし、成長率ではモバイルの方が高いという。これは、2009年末に店舗の在庫検索などの機能をモバイルサイトに追加し、店舗の窓口として位置付けたことで、徐々にモバイルでの商品検索からコンバージョンにまで至る流れが構築されてきているのではないか、と同社では分析している。

次のページ
費用対効果の測定が難しいSEO

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高澤 里美(タカサワ サトミ)

外資系IT調査会社での調査・分析、半導体産業新聞記者などIT関連分野で幅広く十数年の経験を積んだ後、フリーライターとして始動。IT分野を中心に、各種執筆活動を継続中。最近では、各種記事・原稿執筆に加え、IT関連企業各社のプレスリリース、ニュースレター、広報誌なども手掛ける。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/13363

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング