MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマートフォンの購入検討が2010年と比べ大幅増
モバイルユーザー動向定点観測 2011【リサーチ】

 IMJモバイルでは、モバイルユーザーの利用動向について調査いたしました。その結果、モバイルネットの利用時間や利用シーンは増加しており、 モバイルの重要性が高まっていること、さらにはモバイルサイトが購買意欲や購買行動に貢献していることがわかりました。(バックナンバーはこちら)

調査結果概要

 調査結果によると、昨年と比べモバイルネットの利用時間や利用シーンは増加しており、モバイルの重要度も上がっていることがわかりました。さらに、モバイルサイト閲覧後に「購入したくなった」「購入した」「販売店へ出向いた」との回答も増加しており、購買意欲や行動への貢献度が向上している傾向がうかがえます。また、モバイルの存在として「仕事上必要なツール」「ミュージックプレイヤー」との回答は減少しており、昨年そのように捉えていたユーザーはスマートフォンに乗り換えたと推測されます。主なポイントは以下の通りです。

調査概要

  • 調査方法:モバイルインターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:15~49歳の携帯電話保有者※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数:519サンプル
  • 調査日時:2011年2月15日~2月18日
  • 割付条件:「平成22年8月総務省全国男女別推計人口」の性年代別比率に基づき割付を行った
■性年代(n=519)
■性年代(n=519)
■居住地域(n=519)
■居住地域(n=519)
■職業(n=519)
■職業(n=519)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5