SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイオイクス、企業名や業種に応じて最適なコンテンツを配信する「BtoBターゲティング機能」をリリース

 アイオイクスが提供を開始した「BtoBターゲティング機能」は、サイト訪問者のIPアドレス情報から企業名や業種などを判定し、サイトを訪問する各企業に適したコンテンツを配信する。これによって、主にBtoBビジネスを展開する企業サイトの、コンバージョン率向上や離脱率低下を実現する。

BtoBターゲティング機能の利用イメージ

 「BtoBターゲティング機能」では、上場、資本金、従業員数、売上高、業種、海外地域によるターゲティングが可能となっており、情報は各項目でさらに細分化される。たとえば「上場」では、「東証一部、東証二部、地方上場、JASDAQ、マザーズ、ヘラクレス、非上場」などを判定し、資本金や従業員数等も規模によって細分化される。また、業種は「日本標準産業分類」に準拠した業種(大分類・中分類・小分類)が用いられ、海外については「ISO 3166-1」に準拠した247の海外地域が適用される。

 この機能では、サイト訪問者のIPアドレスに基づいて判定を行うため、対象となるのは固定IPアドレスが付与される専用回線を利用している企業。動的IPアドレスが付与されるコンシューマー向けISPサービスを利用している企業はターゲティング対象とはならない。

【関連記事】
ALBERT、訪問者ごとに情報を最適化するLPO機能をリリース
スパイスボックスとアイオイクス、ハイブリッド行動ターゲティングLPOサービス
J-CAST、震災情報ページのトップページをエリアターゲティングで自動切替

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/04/07 15:20 https://markezine.jp/article/detail/13618

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング