MarkeZine(マーケジン)

記事種別

資生堂がウェブマーケティング強化、オンラインストアや異業種との仮想商店街を開設

2011/04/14 11:50

 資生堂は、国内化粧品事業において、2012年4月からウェブマーケティングを強化し、新しい化粧品のビジネスモデルを構築すると発表した。

 具体的には、美容に関心が高い顧客向けに新サイト「ビューティープラットフォーム」を立ち上げ、化粧品に限らず異業種を含めたバーチャルなショッピングモール(仮想商店街)を開設するほか、有料・無料のウェブコンテンツも展開する。

 また、現在の公式ホームページである「資生堂ウェブサイト」についても機能再編・強化する。新しい公式ホームページでは、契約店を紹介する「店舗ナビ」、電話・ウェブチャット・テレビ電話などを通じて最適な商品を選ぶための提案を行う「オンラインカウンセリング」、365日、24時間受注可能な「オンラインストア」などの機能を提供する。

  資生堂の顧客組織「花椿CLUB」のメンバー数は558万人(2009年度)。ショッピングモールへの出店が見込まれる企業が持つ顧客数を合算すると、3倍から4倍規模になると想定される。 

【関連記事】
資生堂、Ustreamでメーク番組を配信、アジアの視聴者ともソーシャルメディアで交流
資生堂・ANA・日産ら異業種6社共同プロモーションサイト「Quality Life 2009」
グラムメディア、バーチャルにヘアスタイル、化粧品が試せる「Virtual Makeover」日本版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5