SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デキる人はここが違う!

スパーク・ラボ代表・原永淳さんインタビュー
「自分のスキルに自信を持ち、社外でもアピールしよう」

 同じような境遇から仕事を始めても、デキる人とそうでない人との間には、いつの間にか大きな差がついている。デキる人はいったいなにが違うのか。CTOなど、デキる人の転職を支援してきた、キープレイヤーズの高野さんがインタビューします。今回は、スパーク・ラボ株式会社代表取締役社長にして、原宿ウェブ研究所でハイブリッドエンジニアを育成する、原永淳さんが登場です。

エンジニアとしてのキャリアは、大学院のLANアドミニストレータから

――まず、原永さんのキャリアについて教えてください。

「エンジニアとしてのキャリアは、大学院生時代に、理工学部LANアドミニストレータを担当したのが始まりです。くじ引きに外れて、希望する情報系の研究室に入れなかったんです。でも、アドミニストレータのアルバイトをするなら入れてやると言われて。まったく知識がない状態から始めて、独学で勉強しました。やってみると面白くて、3年間続けました。

2001年に新卒で、Webエンジニアとしてヤフー株式会社に就職します。その頃はまだベンチャー企業で、僕らが新卒第一期生でした。研修もなしに1日目から現場です。それからずっと、トップページのバックヤードをメインで担当していました。

なぜヤフーを選んだか? 兄がポータルサイトを運営する企業に初期メンバーとして加わっていたため、ネット業界の話をよく聞かされていました。Googleって会社が出てきたよ、とか。それで興味を持って、ネット業界で就職できる企業を探したところ、新卒で応募できるのはヤフーくらいしか見つからなかったんですね。

3年半働いた後、2004年に個人事業主(屋号:スパーク・ラボ)として独立しました。受託開発がメインです。実家が自営業だったこともあって、もともと独立したいと思っていました。2007年にスパーク・ラボ株式会社とし、いま4期目に入ったのですが、自社サービス半分、受託開発半分くらいでやっています。おかげさまで、営業しなくても紹介などでお仕事の依頼をいただく状況です。

ナナロク世代の同期は、これまでに立ち上げたWebサービスを本格的な事業にするつもりで、資金集めなどをしている人が多いですね。僕の場合は、まだいろいろなことをやってみたくて、制約をかけたくないので、今のところ他人の資本は入れない予定です。

やりたいのは、社会的価値があること。たとえば、原宿ウェブ研究所はハイブリッドエンジニアを育成するのが目的のスクールです。僕も仕事を始めて10年になりますから、これまでの経験を次の世代に伝えていきたいと思っています。まだ早い? いやいや、自分がプログラムを書いているうちに、熱いうちに伝えないと。2年後では遅いんです」(続きはキャリアジンでご覧ください)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
デキる人はここが違う!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/06 10:30 https://markezine.jp/article/detail/13871

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング