SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アップル、無料のクラウドサービス「iCloud」発表

 「iCloud(アイクラウド)」は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows PCから利用できる無料のクラウドサービス。写真や動画、音楽など、ユーザーのコンテンツをワイヤレスで保存し、すべてのデバイスに自動的にワイヤレスでプッシュ配信する。また、ユーザーアカウントごとに最大5GBの無料ストレージを提供する。

使用中のデバイスのひとつで変更があると
ユーザのすべてのデバイスがワイヤレスでほぼ即座に更新される

 アップルは同日、モバイルオペレーティングシステムの最新版「iOS 5」をプレビューし、開発プログラムのメンバーを対象に、ベータバージョンをリリースした。iOS 5には、ひとつの場所でとぎれることなく通知を閲覧・管理するための「Notification Center」、すべてのiOSデバイス間でテキストメッセージ、写真、ビデオを送信できる新しいメッセージングサービス「iMessage」、新聞と雑誌の購入・管理を行うための「Newsstand」などが含まれる。 

iOS 5の新しいメッセージングサービス「iMessage」

 iOS 5とiCloudを使うと、Apple IDとパスワードを入力するだけで、iCloudがユーザーのアプリケーションと連携し、すべてのメール、連絡先、カレンダー、写真、アプリケーション、書籍、音楽などをユーザーが持っている全デバイスに自動的にワイヤレスでアップデートしてくれる。iCloudの正式バージョンは今秋、iOS 5と同時に提供される予定だ。

【関連記事】
グーグルが定期購読サービス開始、パブリッシャーの自由度を高めて、アップルと差別化
マイクロソフトとトヨタ、クラウドベースの自動車向け情報サービス構築へ
ドコモ、スマートフォンや携帯で利用できるクラウドサービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/14 12:21 https://markezine.jp/article/detail/13883

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング