MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSユーザーの4人に1人が「フェイスブック」
利用ランキングでも「GREE」に並んで2位に浮上

2011/06/28 16:50

 インターネットメディア総合研究所は、岩手県、宮城県、福島県を除く44都道府県で、自宅からインターネットを行っている13歳以上の個人を対象に、5月下旬にインターネット利用動向調査を行い、約3300人から回答を得た。

 一部公開された資料によると、スマートフォン市場は拡大が続いており、スマートフォンの所有率は昨年の6.5%から14.8%へと大きく上昇。若年男性だけでなく女性にも広まっている。また、購入を検討している層も33.1%と昨年のほぼ2倍となっている。

 ソーシャルメディアは、ツイッターに代表されるマイクロブログの利用率は16.2%で、昨年から6.5ポイントの上昇となっている。一方、SNSの利用者は昨年から10.8ポイント上昇し32.1%に達している。利用サービス(複数回答)では、「mixi」(84.1%)が突出している状態は昨年と同じだが、「GREE」「Facebook」が25.7%で続いている。

 電子書籍・電子雑誌・電子新聞の利用率は17.9%(無料のものを含む)。「今後利用する可能性がある」と回答したネットユーザーは17.5%で、利用したい端末は、パソコン(58.6%)に続き、「スマートフォン」(42.9%)、「タブレット端末」(29.4%)となっている。

 調査の詳細なデータは、CD-ROM版『インターネット個人利用動向調査2011』として30日に発売され、7月29日には調査の一部を含む『インターネット白書2011』が発売される。

【関連記事】
iPhoneユーザーが「Androidに乗り換えたい」と回答した割合が逆を上回る
スマホで利用したい有料コンテンツは?
男女問わず高い「スマホ所有意向」【博報堂DYm調査】
グーグル、日本でもソーシャル検索をスタート
ヤフーがツイッター社と提携、「リアルタイム検索」公開
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5