SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

キャンペーンコンセプトの親和性からiPadでコンテンツ展開 ― iPadアプリ「バー読 IN MY ROOM」


 先進的な取り組みを行うデジタルエージェンシーが、2か月交代で責任編集を行うこのコーナー「Agency's Choice」。7月~8月はビルコム株式会社が担当。第5回は、アサヒビールの提供するiPadアプリ「バー読 IN MY ROOM」誕生の裏側を紹介します。

「バー読」iPadアプリ開発の裏側

 この連載では、弊社が手掛けた最新事例をもとに、デジタルマーケティングに求められる視点をご紹介したいと思います。今回は連載の第1回でも紹介した、アサヒビール株式会社(以下、アサヒビール)提供のiPadアプリ「バー読 IN MY ROOM」の開発経緯について説明していきます。

背景 ~ ライフスタイル提案キャンペーンからiPadに発展

 アサヒビールは2009年より、ニッカウヰスキーのブランド価値向上および、ウイスキーの飲用機会の創出を目的に「ジャズ音楽や本とともにウイスキーを楽しむ」というライフスタイル、「バー読」の提案を行っています。近年のハイボールブームを契機に、本格的にウイスキーに親しんでもらいたいという想いから、ライフスタイルの提案というアプローチに至りました。

 この「バー読」というコンセプトのもと、アサヒビールは、同社が運営する店舗「ニッカ・ブレンダーズバー」でウイスキーと一緒に本が出てくるメニューを展開したり、丸善株式会社(以下、丸善)とのコラボレーションでウイスキーの小瓶と文庫本をセットにして販売したりするなど、各種の施策を実施してきました。

 このキャンペーンの一環として取り組んだのが、今回のiPadアプリ開発です。アサヒビールが、この施策に踏み切ったのには、2つの理由があります。

(1)「バー読」とiPadの親和性

 弊社が実施したiPadユーザー実態調査では、iPadの利用場所は自宅が95%、利用時間帯は就寝前が75%であるという結果が出ました。つまり、iPadは1日の中で最もリラックスした時間帯に使われるのが多いことが分かります。この結果から、iPadの利用シーンとウイスキーの飲用シーンに共通点を見出しました。また、電子書籍端末であるiPadが「バー読」のテーマである“読書”と親和性が高いことも決め手になりました。

(2)iPadユーザーとウイスキー既存顧客層との親和性

 同じくユーザー実態調査から、iPad所有者の7割以上が30歳以上、6割以上が男性、5割以上が会社員であることが分かりました。ウイスキーの既存顧客と重複する層にリーチできると予測されました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
施策内容 ~ 既存の活動資産を活用し、自宅でも「バー読」の世界観を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
デジタルマーケティング活用の最新事例レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鳥潟 幸志(ビルコム株式会社)(トリガタ コウジ (ビルコムカブシキガイシャ))

ビルコム株式会社 取締役兼COO。1979年生まれ。 2003年 ビルコム株式会社創業メンバーとして参画。 2005年 ビルコム取締役兼COOに就任。以来、株式会社ユニクロ、協和発酵キリン株式会社、クラシエフーズ株式会社、株式会社BRIDGESTONE、Facebook, Inc.など国内外大手クライア...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/08/23 16:39 https://markezine.jp/article/detail/14224

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング