MarkeZine(マーケジン)

記事種別

WebCamを活用したプロモーション 『あなたは何秒“澄まし顔”で耐えられる?』

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、英国のミルクブランド「Frijj」の新商品発売キャンペーンを紹介します。ウェブカメラと「顔認証・検知システム」を組み合わせた仕掛けです。毎週水曜日更新。(バックナンバーはこちら)

キャンペーン概要
  • 時期:2011年8月
  • 国名:UK
  • 企業名:Frijj
  • 業種:飲料

WebCamと顔認識システムを使った次世代にらめっこ

 今回は、欧米諸国で利用者が増えてきている“WebCam”(ウェブカメラ)を活用したプロモーションを紹介します。イギリスのミルクブランド「Frijj」が、新商品(新しい味のミルク3種類)の発売に合わせて仕掛けた『You LOL you LOSE!』(笑うと負けよ!)というプロモーションです。

プロモーション背景

 「Frijj」の新商品が「ハチミツ・チョコスワールミルク」「ジャム・ドーナッツミルク」「キャラメル・プディングミルク」という「消費者の度肝を抜くほど変わった味のミルク」のため、これらの新商品を飲んでも消費者が“ビックリしない”ように、『消費者の予期しない変わったことが起きた際の耐性(ビックリしないで澄ましていられる)』を鍛えることに、主眼を置いたプロモーションが企画されました。

施策内容

 上記の背景から企画されたのが、『You LOL you LOSE!』というゲームです。「Frijj」の特設サイトにアクセスすることで楽しむことができます。

 このゲームは「Frijj」が用意した面白ビデオやかわいい動物のビデオ、ドッキリビデオをユーザーが見て、笑ったり、驚いたりしたら、その時点で負けになる、というシンプルなものです。

 ゲームの具体的な楽しみ方は次のとおり。まずは、前述の特設サイトにアクセスします。

 続いて、自身のWebCamをセッティングします。

 そうするとゲームがスタートし、次々と流れる面白映像に「澄ました顔」のままでいるよう求められます。

 ここで笑ってしまったり、驚いたりするとその時点でゲームオーバーになります。笑ったかどうかは、WebCamと「顔認証・検知システム」を用いて診断されます。

 ゲームオーバーになると、「笑ったり、驚いたりした瞬間の顔写真」と「澄ました顔で耐えた秒数」(スコア)を、自身のTwitterやFacebookに投稿して、友達に共有することができます。

 PCの前にいるユーザーのリアクションを把握できると、インタラクティブなプロモーションの幅が非常に広がりそうです。

プロモーションの模様をまとめた動画はコチラから

 

 参考までに、その他のWebCamを活用したプロモーションをいくつか紹介します。

引用元サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5