SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スマホ広告配信ツール最新動向(PR)

アドネットワークの在庫切れ問題などを解決―スマートフォンアプリ/Webメディアの収益を最大化する「AdStir」

 スマートフォン向けアプリ/Webメディアの事業をどうやって軌道に乗せるのか。広告モデルでの事業展開を考えるのなら、アドサーバをどうするか、どのアドネットワークと提携するか、と検討すべき課題が幾つか浮き上がってくる。ngi group株式会社が提供するスマートフォン特化型広告配信SSPサービス「AdStir」は、そうした課題をワンストップで解決してくれるサービス。自社の広告収入を最大化するために役立ってくれるはずだ。

スマートフォンの普及に伴い、スマートフォン広告市場も急成長へ

 スマートフォンが依然、急ペースで普及している。情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)発行の「2011年度 携帯電話の利用実態調査」によると、スマートフォンの利用者比率は前年度の9.2%から14.8%に増加。さらに「携帯電話を買い換えたい」という人のうち、実に66.5%が「買い換えの際にはスマートフォンを選ぶ」と回答している。

 スマートフォン利用の裾野が広まってきていることで、スマートフォン向けの広告市場も確立しつつある。2010年度ネット広告代理市場の規模は、スマートフォン向け広告で28億円(ミック経済研究所『ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望2011年』より)。フィーチャーフォン向けの957億円と比べると見劣りするが、3~4年後にはフィーチャーフォン向けの市場規模に比肩する規模にまで成長すると報告されている。

 今後の急成長が見込める市場に、乗り遅れる手はない。スマートフォン向けアプリ/Webメディアをリリースした、あるいは開発を検討し始めた企業も増えているのではないだろうか。

 そんな企業の中で「そこそこ利用者数が増えてきたけど、広告収入がイマイチ」と悩んでいるところがあるのなら、広告収入を最大化するために導入を検討してもらいたいサービスがある。9月12日にngi group株式会社から提供開始されたスマートフォン特化型広告配信SSPサービス「AdStir」だ。

潤沢ではない広告枠をどれだけ収益化できるか
アプリ開発者/Webメディア運営者の悩み

 スマートフォン利用が急拡大しているとはいえ、PCやフィーチャーフォンと比べると、現状の利用者数はまだまだ限られている。スマートフォン向けアプリ/Webメディア全体で考えても、潤沢な広告露出量を確保できている状況ではない。自社単独で営業を掛けても広告出稿を得るのが難しい企業の方が多い状況だろう。

 そうなると検討されるのがアドネットワーク。市場規模が急成長する見通しが立ってきたことで、スマートフォン対応のアドネットワークも続々と登場。小規模なものを含めれば既に20~30程度も出てきている。

 ただ、立ち上がったばかりの市場に対して、20~30という数は多過ぎる。そこまで乱立していると、「最も収益性の高いアドネットワークはどこか」と提示された単価順に選んでみても、そこが正解とは限らない。選んだネットワークによってはすぐに広告在庫が尽きてしまうからだ。

 かといって、広告在庫量が多い大手のアドネットワークは単価が比較的安い。限られた広告露出量の中でどうやって売上を最大化するか。そこに悩まされているアプリ開発者/Webメディア運営者も多いのではないだろうか。 AdStirは、そんなアドネットワーク等の広告掲載に関する悩みを解決してくれるサービス。その機能をこれから紹介していこう。

次のページ
収益最大化機能とアドサーバ機能を備える「AdStir」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
スマホ広告配信ツール最新動向連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/10/11 11:00 https://markezine.jp/article/detail/14432

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング