SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スマホ広告配信ツール最新動向(PR)

アドネットワークの在庫切れ問題などを解決―スマートフォンアプリ/Webメディアの収益を最大化する「AdStir」

利用者の収益最大化と、導入・運用時の利便性を追求

 利用料金が無料になっていることもそうだが、AdStirはアプリ開発者/Webメディア運営者のことをよく考えたサービスになっている。

 そう記す根拠の1つは、AdStir経由のアドネットワーク利用に対してngi groupがマージンを取ることはない。つまり、アプリ開発者/Webメディア運営者にとっては中抜きをされることなく、各アドネットワークから支払を受けることができる。AdStirはそういった点からも、アプリ開発者/Webメディア運営者視点の姿勢をとったサービスだといえる。

 もう1つ配慮されているのは、導入・運用のしやすいツールになっているところ。高度な知識・スキルがなくても簡単に導入できるように設計されている。

 運用面にも気を配られている。アドネットワークを切り替える際には普通、アプリに埋め込んだSDKを切り替えのたびに変更する作業が必要。だがAdStirを導入していれば、そうした作業が不要になる。AdStirのSDKさえ埋め込んでおけば、AdStirが各アドネットワークの広告を呼び出してくれるようになるからだ。 しかも、アドネットワークごとの配信比率などはAdStirの管理画面から直感的な操作で設定できる。運用の手間をできるだけ減らすように考えられているのだ。

「この機能が欲しかった」+「ちょうど良いタイミング」で支持を集める

 このようにさまざまな特長を持つAdStir。客先ではこうした機能も評価されているが、それに加えて「タイミングがバッチリ」という理由から導入を決めるところもあるそうだ。

 「『ちょうどスマートフォン向けのアプリ/Webメディアをつくっていた。良いタイミングでAdStirが出てきてくれた』という評価が多いです。

 広告の在庫検知ができる、アドサーバで純広告・自社広告も回せる、といった各機能に対する評価もありますが、一通りの機能を備えたアプリ開発者/Webメディア運営者のためのサービスが、ちょうど良いタイミングで登場したこと。支持されているのには、機能とタイミング、2つの側面があるようです」(植氏)

 AdStirは提供開始からわずか2日間で100件以上の登録があった。「最初はもっと小さく見込んでいた」(植氏)が、想定以上の引き合いを得られたことで、アプリ開発者/Webメディア運営者にとって必要とされるサービスなのだと自信が持てたという。

 「ちょうどスマートフォン向けのアプリ開発/Webメディア開発を考えている」や「現在運用しているスマートフォンアプリやWebメディアでの収益管理/広告運用で困っている」のなら、あなたもAdStirを検討してみてはどうだろうか。

 今回はAdStirの概要について説明してきた。次回は管理画面の使い勝手、AdStirの隠れた便利機能などについて掘り下げていこう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
スマホ広告配信ツール最新動向連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/10/11 11:00 https://markezine.jp/article/detail/14432

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング