MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ファン数「1000人以上」の企業は22%どまり
【フェイスブック関する企業の意識調査】

2011/09/28 14:00

 IMJモバイルは、9月上旬に、企業でFacebookページの運用に携わっている/関わっている、22~49歳の男女を対象に調査を行い、311名から回答を得た。企業内のFacebookページの運用体制は「1人」という回答が3割でもっとも多く、「5人以下」が7割を占める結果となった。業種別に見ると「メーカー(耐久消費財)」の61%が「6人以上」で運用しており、最も体制を強化している様子がうかがえる。

運用体制の人数(自由回答)【n=311】
運用体制の人数(自由回答)【n=311】

 Facebookページのファン数は「99人以下」との回答が過半数を占め、「1000人以上」との回答は22%どまり。しかし、ファンを1万人以上も全体の7.4%に達している。

Facebookページのファン数(自由回答)【n=311】
Facebookページのファン数(自由回答)【n=311】

 情報配信頻度については、「1日に1回以上」とする企業が半数近く。「メーカー(耐久消費財)」がもっとも頻度が高く、「メーカー(生活消費財)」がもっとも低くなっている。また、配信頻度が高いほどファン数は多い傾向にあり、配信頻度とファン数に相関関係があることがわかる。

 こうした状況から、Facebook運用に手ごたえを感じているのは「メーカー(耐久消費財)」。一方、効果を表すほとんどの項目において全体を下回った「サービス」では、Facebookの効果について懐疑的に捉えており、現在は実験という位置づけで運用している企業もいると見られる。

【関連記事】
小売では購買に直結【フェイスブック関するユーザーの意識調査】
本当の「ファン」を可視化するFacebookページ解析ツール「ファンタスティクス」
ソーシャルメディアを活用している企業1位は「日本コカ・コーラ」
なぜ、スターバックスのファン獲得数は3倍になったのか
フェイスブック、米ディスプレイ広告市場でシェア1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5