MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通グループとマイクロソフト、ソーシャルメディアマーケティングで業務提携

2011/10/26 11:35

 電通、電通レイザーフィッシュ、日本マイクロソフトは、ソーシャルメディアマーケティング領域における業務提携を発表。電通グループは、広告主向けのソーシャルメディアマーケティングソリューションを、マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure Platform」上に構築してサービスを提供する。第一弾として、フェイスブックなどに対応したコンテンツ管理ツール「sociobridge」を、電通レイザーフィッシュが総販売代理店となって提供を開始した。

「sociobridge」のインターフェイスは、初心者でも使いやすいよう配慮されている
「sociobridge」のインターフェイスは、初心者でも使いやすいよう配慮されている

 「sociobridge」は、Facebookページへの投稿および承認機能、投稿内容監視機能などの基本機能に加えて、自由自在にカスタムタブの制作も可能。提供価格は月額85000円から。

【関連記事】
mixiの「ソーシャルラジオ」企画、ローソンへの送客数は42万人
ソーシャルメディアを活用している企業1位は「日本コカ・コーラ」
キャンペーンの応募経験、ツイッターはフェイスブックの2倍以上
フェイスブック国内利用者数1000万人突破
ファン数「1000人以上」の企業は22%どまり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5