SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題のサービスを詳細解説(PR)

進化した検索連動型広告スポンサードサーチ
「ここだけは先ずは押さえてほしい」ヤフーからの推奨事項

品質インデックスは入札キーワードと紐づけられるように

 もう1つ挙げた品質インデックスの紐付け方法について。品質インデックスは、キーワードと広告の関連性・親和性の高さを評価する指標。品質は検索連動型広告の掲載順位などに影響する。

 その品質インデックス、旧スポンサードサーチ®では広告に紐付いていたものが、スポンサードサーチ® Ver.3から入札キーワードと紐付けられるようになった。

 従来の紐付け方なら、広告を変更して品質改善を図るのには向いていたが、どのキーワードで品質が悪いのかと分析するのに向いていなかった。

 今回の変更によってキーワード別の品質を把握できるようにしたことで、入札キーワードの入れ替えによって品質を改善するようにしてほしい。そんな狙いがヤフーにはあるようだ。

部分一致で広げて、対象外キーワードの設定で効率を上げる運用にトライを

 マッチタイプや品質インデックスに手が加えられたことで、スポンサードサーチの効率的な運
用方法も変わってくるはず。提供元であるヤフーはどのような運用を想定しているのだろうか。続いては、ヤフーの推奨する運用方法について紹介していこう。

 運用にそこまで手がかけられない場合、マッチタイプの部分一致を活用していきたい。入札キーワードと関連する広範な検索キーワードで広告が掲載されるため、完全一致を多用するのと比べてキーワード登録・管理の手間を圧倒的に省略できる。

 ただ、漫然と部分一致を利用していては、広告パフォーマンスを改善できない。そんな時にはスポンサードサーチ Ver.3で大きく見直しが図られた「対象外キーワード」の機能を活用しよう。

 新しい広告管理ツールでは【検索クエリーを表示】のタブを操作することで、実際に広告掲載された検索クエリーの一覧を表示できる。

【検索クエリーを表示】からキーワードを選択することで、
検索クエリーの一覧を表示できる
※画像はサンプルになり、実際の表示とは異なる場合がある

 一覧に出てきた検索クエリーのうち、パフォーマンスの悪いキーワードを選択。リストの上側にある【対象外キーワードとして追加】のボタンを押す。するとそれ以降、対象外に指定したキーワードでは広告配信されなくなる。成果につながらないキーワードを対象外キーワードに設定していくことで、パフォーマンスを向上することができるのだ。

対象外キーワードに成果につながらないキーワードを追加することで、
パフォーマンスの向上を図ることが可能
※画像はサンプルになり、実際の表示とは異なる場合がある

次のページ
広告掲載が見込めないキーワードでの運用は品質の低下を招く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
話題のサービスを詳細解説連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/01/04 12:37 https://markezine.jp/article/detail/14834

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング