SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

初心者Webマーケター向けリスティング広告入門

Webマーケティングにリスティング広告を使おう【1】
検索連動型広告、コンテンツ連動型広告の役割分担

 初心者Webマーケター向けに、リスティング広告について解説します。実践編第1回は、検索連動型広告、コンテンツ連動型広告の役割分担についてです。

顕在ターゲットへアプローチしやすい検索連動型広告

 検索するユーザーは、「何かが欲しい・何かを調べたい」という欲求を持っています。そんな欲求に合わせて、表示できるのが検索連動型広告です。

 すでに関心のあるターゲットに広告が届くので、費用対効果の良い広告であると表現されることも少なくありません。場合によっては、「刈り取り型の広告」と表現されることもあります。

 ただし、当然のことながら、検索連動型広告は万能ではありません。「何かが欲しい・何かを調べたい」という欲求は、日常生活で何かしらが起きたり、コンテンツや広告を見て芽生えることが多いです。

 また、ユーザーが「検索」に費やす時間は、インターネットを利用する時間の中のわずか5%ほどだという調査もあります。検索連動型広告に触れる時間は、さらに少なくなるでしょう。

潜在ターゲットへアプローチしやすいコンテンツ連動型広告

 Google やYahoo!Japan と、配信パートナー契約をしているサイトがあります。そのサイトのコンテンツを閲覧している人に向けて配信できるのが、コンテンツ連動型広告です。

FXのマンガを読んでいるユーザーなら、投資関連の広告に関心があるはず

 インターネット利用時間の約95%は、コンテンツ閲覧に使われているそうです。そのため、コンテンツ連動型広告は、検索連動型広告よりも幅広いリーチをを持っているといえます。また、関連するコンテンツを閲覧しているため、広告に関心を持ってもらえる可能性が高くなるわけです。

 しかし、コンテンツを閲覧しているユーザーは、広告を見るためにサイトを訪問しているのではありません。そのため、「欲求」が生まれる前である可能性が高いです。コンテンツ連動型広告は、検索連動型広告のターゲットとは異なるということを忘れないようにしましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ユーザーモチベーションを理解し、役割を明確にする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
初心者Webマーケター向けリスティング広告入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

阿部 圭司(アベ ケイジ)

アナグラム株式会社 代表取締役。大手アパレルメーカーを経てSEMの世界へ。現在はSEM施策の運営、改善だけではなく、LPO、ウェブサイト分析などを手がける。 CPAの改善だけにとらわれず、ビジネスの最大化を目指す施策を支援。●著書 ・『プロが教える Google Analytics 実践テクニック』『リスティング広告 成功の法則』『新版 リスティング広告 成功の法則』『いちばんやさしいリスティング広告の教本 人気講師が教える利益を生むネット広告の作り方』●その他 ・SEMブログ「SEM-LABO」 ・福島県観光交流大使

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング