SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

初心者Webマーケター向けアクセス解析入門

初心者Webマーケターが知っておきたいアクセス解析概論


 初心者Webマーケター向けに、Googleアナリティクスを活用したアクセス解析について解説します。

初心者Webマーケターが知っておきたいアクセス解析概論

 アクセス解析とは、「Webサイトの訪問者の行動を調査分析する取り組み」(「アクセス解析イニシアチブ」より)です。ご存じのとおり、Webではさまざまなデータが取得でき、その分析はサイト改善に大いに役立ちます。なかでも、訪問者の行動を調べるアクセス解析の役割は重大です。

 本連載では、初心者Webマーケター向けにアクセス解析の基礎をお届けします。アクセス解析ツールを活用して説明する部分では、無料の「Google アナリティクス」を用いることにします。

ページビュー、訪問、ユーザーを覚えよう

 まずは、もっとも基本的で重要な以下の3つの用語を覚えましょう。呼び方にはバラつきがありますが、本稿では、Googleアナリティクスで使われているものにあわせました。

ページビュー数 Webサイトが見られた(閲覧された)回数。単位はPV(ピー ブイ)。100万回見られたら100万PVと表す。
訪問数 そのサイトをユーザーが訪れた回数。同じユーザーが2度訪れた場合は、2回とカウントする。
ユーザー数

そのサイトを訪れた人数。人は通常、端末とブラウザの組み合わせで定義される。したがって、同じ人がパソコンとスマートフォンでアクセスした場合は、2人(または2UU)とカウントされる。

 この3つからだいたいのサイト規模がわかりますが、これをもとにさらなる分析に進むのもいいでしょう。

 たとえば、ページビューもユーザー数も多いのは一見うれしいことですが、期待していた内容と違ったため、1、2ページだけ見てすぐに帰ってしまっている場合もあります。逆に、ユーザー数はそれほど多くなくても訪問数やページビューが多い場合、コアなファンが何度も見に来てくれる、ニッチなサイトとして成功しているのかもしれません。

Googleアナリティクスを使いこなす、4つの重要指標

 このほか、Googleアナリティクスに登場する用語のうち、重要なものについて解説しておきます。なお用語の意味は、Googleアナリティクスのヘルプセンターで検索できます。

新規訪問の割合 ユーザーは「新規」と「リピーター」の2種類に分けられる。「新規訪問の割合」は、サイトにこれまで一度もアクセスしたことのないユーザー数の割合。
コンバージョン ユーザーによって、購入・会員登録・資料請求など、サイトごとに目標とされる成果が達成されたこと。アナリティクスでは、URL へのアクセス、サイト滞在時間、訪問別ページ数、実装を伴うイベントという4種類。
直帰率 最初に訪れた1ページ目だけを見てブラウザを閉じてしまったり、「戻る」ボタンを押してサイトから離脱してしまったユーザーの割合。低いほうがいい。ユーザーの求めている情報とランディングページのミスマッチが大きいと直帰率が高くなりやすい傾向にある。
平均サイト滞在時間 指定した期間の合計サイト滞在時間を訪問数で割った値。用意したコンテンツをじっくり、たくさん見て欲しいので、長いほうがいい。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Googleアナリティクスでアクセス解析を始めよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
初心者Webマーケター向けアクセス解析入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

肥沼 和之(コエヌマ カズユキ)

ジャーナリスト兼編集プロダクション代表。IT業界をはじめとした数百社の企業への取材経験を持ち、主にビジネス系の記事を執筆。初心者向けの分かりやすい記事作りを得意とする。・編集プロダクション「オフィスムーンバーク」

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/26 16:28 https://markezine.jp/article/detail/15126

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング