SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

【特集】テレビ業界ネット活用最新動向

「バナナTV」「ロンハー」無料オリジナル番組で新展開のテレ朝動画
 地上波放送と連携したコンテンツビジネスに可能性


 テレビ業界のネット活用最新動向をお届けします。第2回はテレビ朝日さん。「テレ朝動画」などを手がける、コンテンツビジネス局の渕 勇二氏、宮本博行氏にお話をうかがいました。人気バラエティの無料動画を筆頭に、有料コンテンツを含めた豊富なラインアップを提供するテレ朝動画。若年層から中高年まで、幅広いユーザー層を捉えています。

地上波クオリティのネットオリジナル番組が人気「テレ朝動画」

 「テレ朝動画」の無料バラエティ番組「バナナTV」で、笑いのなかに消えてしまったが見逃せないシーンがあった。出演者であるバナナマンが、「この番組ではスポンサーさんを募集しています」と言ったのである。

人気お笑い芸人バナナマンが登場する、ネットオリジナル無料番組「バナナTV」
http://www.tv-asahi.co.jp/douga/bananatv/

 ネットオリジナルの動画だからこそできた、「ユルさ」なのか。番組ディレクターを務めるテレビ朝日の宮本博行氏は、こう語る。

 「もちろん番組の流れで笑いをとるために言ったんだと思いますが、本当にスポンサーが名乗りでてくださったらいいな、という思いもありました。元々親近感があるタレントだけに、視聴者との距離が近い感じをネットコンテンツにも活かしています。

 また、これはバナナマンさんに限った話ではありませんが、出演タレントさんも『テレビだから、ネットだから』と差をつけて考えているような人はほとんどいませんね。皆さん楽しんで取り組んでいただいていると思います」

 テレビ朝日は、有料・無料の両方の幅広いコンテンツを「テレ朝動画」という1つのサイトから配信している。他の民放キー局では、主に有料(「◯◯オンデマンド」)と無料で別サイトを立ち上げているのに比べると、めずらしいスタイルだ。

有料か無料かは、テレビ局の都合でなくユーザー目線で決める

株式会社テレビ朝日
コンテンツビジネス局
コンテンツビジネス戦略部
兼 国際ビジネス開発部
宮本 博行氏

 もちろん、有料か無料かの違いで、コンテンツのクオリティに差をつけるようなことはしていない。たとえば、地上波の人気番組から派生した「ロンドンハーツネットムービー」は、配信開始以来、累計2,600万回以上の再生回数を誇る。

 「ロンドンハーツ ネットムービー」はCMを流し、地上波で番組告知を行っているが、これはあくまでモデルケース。基本的にネットオリジナルの無料動画は、イベントなど番組以外の企画で制作費を捻出しているという。

 では、有料と無料の違いは何か。「どちらかというと、誰が見ても楽しめるコンテンツは無料での配信が適していると思う」(宮本氏)と、あくまでユーザー目線であると語る。

 逆に、ユーザー層が限られるコンテンツに関しては「課金モデルの方が適している」(同社、渕 勇二氏)とも。たとえばアイドルユニット・ももいろクローバーZの番組「ももくろChan」では、アイドル自体にすでに固定ファンが一定数ついているので、ある程度の予算をかけてファンが納得するものを制作することで、課金モデルを成立させている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
抵抗が少なくなりつつある有料視聴に中高年層の追い風

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
【特集】テレビ業界ネット活用最新動向連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/02/27 10:52 https://markezine.jp/article/detail/15154

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング