SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

【特集】テレビ業界ネット活用最新動向

震災時、最速でUst配信を決行したTBS報道チームの裏側
ソーシャルメディアで「マスコミ」からの脱却を図る


 テレビ業界のネット活用最新動向をお届けします。第5回はTBSさん。昨年3月11日の東日本大震災発生時、他社に先駆けてUstreamでの番組配信を決行。次いでYouTubeでもライブ配信を開始し、大きな反響を呼びました。報道チームが取材した素材を、ネットを通して視聴者にどう還元するか、模索を続けています。

TBSのネット活用 報道コンテンツの他チャンネル展開が群を抜く

 TBS×ネットといえば、最初に思い出すのが震災時のUstream配信だろう。テレビ局のネット活用というとエンターテイメント系コンテンツが目立つが、TBSでは報道コンテンツにも重きを置いており、その多チャンネル展開は群を抜く。現在、動画ニュースサイト「News i」を運営、年間365日24時間体制でコンテンツが更新している。

地上波同様、更新が途切れないTBSの動画ニュースサイト「News i」
http://news.tbs.co.jp/

 TBSの報道局において、地上波以外のコンテンツはデジタル編集部が統括。WebやCS放送ほか、デジタルサイネージなどへの動画ニュース配信や、FacebookおよびTwitterの運用も手がけている。同部門の担当部長を務める鈴木宏友氏は、地上波の報道番組「NEWS23」のチーフプロデューサーを経て、2010年に現職へ。

 「一般生活者の視聴行動も随分変わってきています。たとえば大学2年生になる私の息子は、ほとんどテレビを見ません。かといって動画を視聴しないのではなく、明け方までニコニコ動画を見ていたりする。選択肢が増えていることを実感しますね」(鈴木氏、以下同)

文字情報を含めて各チャネルへスムースに配信される仕組み

 地上波を含めた報道コンテンツの展開は、次の通りだ。

TBSの報道コンテンツ、他メディア展開の仕組み

 まず、報道局の記者が現場に出向き「ニュース」を取材。主要なニュースを地上波へ、多種多様なニュースをCS「ニュースバード」に展開。この時点で映像はデジタル化され、「セル」と呼ばれる1分単位のデータとして15分ないし30分の番組内でループさせる形になっている。

 一方、この「セル」はWebサイト「News i」にニュース項目として立ち上がると同時に、YouTubeの公式サイトにも展開。さらに、セルはAPI化してFacebookに反映される仕組みになっている。

 また、ニュースが「News i」にアップされた時点で、その文字情報がTwitterに自動的配信。どのチャネルにも、タイムラグなく一斉に報道される仕組みが整備されている。

 「地上波で放送するものには限りがありますが、基本的にTBSのカメラが捉えた内容は何らかの形で必ず視聴者に還元する、という姿勢で臨んでいます」と鈴木氏。現在、「News i」コンテンツはYahoo! JAPANおよびMSN japanへ提供し、さらに海外通信社からのコンテンツ提供に関しても模索中だという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
“ダダ漏れ”で危機感 放送に載せきれない一次情報配信を検討

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
【特集】テレビ業界ネット活用最新動向連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/03/14 11:16 https://markezine.jp/article/detail/15220

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング