SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルゲーム継続ユーザーの心理、1位は「モノを集めたい」、3位「つながりたい」4位「癒されたい」

 エンターブレインは国内ソーシャルゲームユーザーを対象にした調査結果を「SNSアプリユーザー行動心理レポート」としてまとめた。事前に行われたスクリーニング調査では、ソーシャルゲーム利用者数は、前回調査時(2011年9月)の16.3%から今回(2012年2月)の20.5%と、半年で約5%増加しており、引き続き増加傾向にある。

 ソーシャルゲーム継続ユーザーが初めて購入した課金アイテムをたずねたところ、全体では「時間短縮アイテム」が25.6%でトップ。男性では、ゲームをより有利に進められる「ステータスアップアイテム」、女性は、自分のキャラクターをカスタマイズできる「アバターアイテム」が1位となった。

 ソーシャルゲームユーザーが、ゲームを継続する上で感じている“気持ち”については、1位「モノを集めたい」、2位「人とつながりたい」、3位「人に勝ちたい」、4位「癒されたい」となっており、ソーシャルゲームのコミュニケーション要素も支持されていることが明らかになった。

【調査概要】
調査対象:全国の15~59歳男女で、ソーシャルゲームを週2~3日以上利用しているユーザー
有効サンプル数:課金者800名、非課金者800名、計1,600名
(スクリーニング調査69,570名)
調査期間:2012年2月25日~2月28日
調査手法:インターネット調査

【関連記事】
月額9万5000円でソーシャルゲームが開発できるサービス「ソクツク」
DeNAとディズニー、ソーシャルゲームを国内外で展開
タイトーとJR東日本企画、モバゲーでGPSをつかったソーシャルゲーム
富裕層マーケティングで人気の2つのゲームアプリ
ローソン、Facebookクーポンで「からあげクン」半額券を30万名に提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/04/26 11:00 https://markezine.jp/article/detail/15593

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング