SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

男どうしで恋愛トーク、お肌の手入れもおこたらないが、ソーシャルでの影響力・出世意欲も高い「カフェオレ様」

 電通総研「若者問題研究所」が、ファッション・美容に対する若年男性の意識を調査したところ、20代男性の中から、男性消費のけん引役と成り得る「カフェオレ様」層の存在が浮かび上がった。

 「カフェオレ様」の特徴はいくつかあるが、そのひとつが同性に対して「女性的」な接し方をすること。「同性の友達と服を買いに行く」割合が34.6%で、一般層より顕著に高い(+27.2%)ほか、「同性同士で恋愛トークをする」55.2%と、ファッション・美容・恋愛ネタの会話に抵抗がなく、女性的な柔軟でオープンなコミュニケーションを図る傾向がある。

 カフェオレ様が週1回以上使用する美容アイテムは、「洗顔料」82.1%、「ヘアワックス・ヘアスプレー」69.1%、「化粧水」68.0%。ファッションでは、下着へのこだわりが高く、女性物を取り入れる人は4人に1人となっている。

 女性的とも思えるカフェオレ様の行動様式だが、「異性に対して積極的にアプローチする方だ」と答えた割合は6割近く。また、「男は男らしく、女は女らしくあるべき」と回答した割合も66.2%と、いずれも一般層を大きく上回っている。また、仕事において「多少忙しくても出世したい」と回答した割合は7割で、こちらも一般を大きく上回っている。

 情報を収集・発信したりする能力も高く、「スマートフォン所有率」は61.4%と、一般層の34.9%を大きく上回った。加えて70.3%のカフェオレ様は「周りの友人が自分の薦めた商品やサービスを使うことがある」と回答。面白いことはTwitterやFacebookなどで発信する」割合も62.4%となっており、同性異性を問わず広い交友関係を持つカフェオレ様は、コミュニティの中で強い影響力を持っている。

【調査概要】
調査手法:インターネット調査
調査機関:株式会社電通マーケティングインサイト
調査地域:関東1都6県
[出現率調査] 調査対象:15-34 歳男性4474 名
実施日程:2012 年 3 月3 日(土)~3 月4 日(日)
[本調査] 調査対象:15-34 歳男性793 名 (人口動態ウェイトバック値で分析)
実施日程:2012 年 3 月10 日(土)~3 月11 日(日)

【関連記事】
女子に効くのは「ネット広告」、男子に効くのは「SEO」
Facebookで最も多くチェックインされた場所は? 男性に人気の意外なスポット
日本のスマホ利用者の6割は男性、4割が関東地方
女子力を活かしたソーシャルゲーム制作のウラ舞台
20代女性のスマホ所有率、昨年の9.6%から54.2%に急増
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング