SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホ・スマタブはPCとセットで使う、単独利用は少数派【電通、スマート3兄弟の利用実態調査】

 電通は、パソコン・スマホ・スマタブの3つを「スマート3兄弟」と名付け、それらの利用動向調査の結果を発表した。現在の普及率は、パソコン=91%、スマホ=29%、スマタブ=7%で、スマタブ利用者の51%は「3兄弟をフルセット」で利用している。

 また、スマホ利用者もスマタブ利用者も9割以上が、3兄弟いずれかとセット利用しており、単独利用は少数派。他のスマート機器との併用が一般的となっている。特にスマタブ利用者では51%がパソコンもスマホも併用している。

 普段、スマホ利用者が音楽を聴く機器はパソコンがトップ(63%)となり、かつて音楽を良い音で聞く象徴だったステレオ(6%)の約10倍にもなっていた。「音楽を聴く」のも「動画を見る」のも、ネットとの相性からか今の主流機器はパソコン。パソコンで取り込んで、スマホ・スマタブとも同期・連携して利用するという流れになっている。

 動画もパソコンでの視聴が多く(49%)、DVD/BD レコーダー(19%)の2倍以上に。楽曲の入手経路は「CD・DVD 等からパソコンへ取り込む」が70%と多く、「動画サイトから入手する」が33%で続いている。

 スマホ・スマタブを用いた「コンテンツ利用」「ネットショッピング」は活発で、ネットショッピングの内容は、「本」「洋服」「雑貨」等で毎月5000円以上を消費している。スマホでは各利用者の合計金額は6600円。そのうち、ネットショッピング分が5070円を占めている。スマタブでの消費額はさらに高額で、各利用者の合計は1万1780円。その内のネットショッピング分は、スマホを大きく上回る7980円となっている。

【調査概要】
調査方法 : PCインターネット調査
調査地域 : 全国
調査時期 : 2012 年 3 月 23 日(金)~3 月 27 日(火)
標本設計 : ① 予備調査 7,069 サンプル 15~59 歳男女
② スマホ調査 800 サンプル 15~59 歳男女のスマホ利用者
③ スマタブ調査 400 サンプル 15~59 歳男女のスマタブ利用者 (②と③は自然発生で回収)

【関連記事】
タブレット利用が進む米国、ユーザーはPCより「スマホ」に近いと認識
日本のスマホアプリのインストール数は40か国中最多
スマートフォンの新規購入がフィーチャーフォン超える
20代女性のスマホ所有率、昨年の9.6%から54.2%に急増
PC動画配信サイトの月間訪問者数が3000万人突破 中高生の7割にリーチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/05/22 13:10 https://markezine.jp/article/detail/15694

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング