SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleアナリティクスに、コンテンツを最適化するテストツール「Content Experiments」搭載

 今回Google アナリティクスに搭載された「Content Experiments」は、アナリティクスに設定した目標を最適化し、どのページのデザインやレイアウト、コンテンツが最も効果的かを判断することができるテストツール。

 ユーザーは、ウェブページを複数バージョン用意し、異なる訪問者に異なるバージョンを見せることができる。アナリティクスがその効果を計測し、最も効果的なバージョンを特定する。初心者でも利用できるよう、テストの設定はセットアップウィザードで行う。また、アナリティクスのタグを再利用するので、利用する際にはページにひとつタグを追加するだけでよいという手軽さがある。

 Content Experimentsは基本的な機能、ゴールコンバージョンの最適化、タグ付け、レポートにおけるアドバンストセグメンテーションといった機能から提供を開始し、その後機能を拡張する。また、Content Experimentsのリリースによって、これまで提供されていた「Google アナリティクス、ウェブサイト オプティマイザー」にアクセスできるのは8月1日が最後となる。

【関連記事】
Googleアナリティクスに「リアルタイムレポート」機能
GoogleアナリティクスからWEB訪問企業を抽出する「企業ログ解析データベースAPI」
ソーシャルでは「ラストクリック」よりも「ファーストクリック」アトリビューションを重視すべき
Ustream、「リアルタイム解析ツール」を提供
アクセス解析で見えてくる、ソーシャルメディアの貢献度

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/19 14:51 https://markezine.jp/article/detail/15788

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング