SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

台湾美男・美女とスマートフォン~アプリ現地調査に見るグレーターチャイナ(大中華圏)事情~

 先進的なデジタルエージェンシーが責任編集を行う「Agency's Choice」。6月は株式会社アドウェイズが担当します。第2回となる今回は、台湾滞在中の中華圏担当者が、現地のスマートフォンユーザーに突撃インタビューを敢行。データだけではわからない空気をお伝えします。

海外マーケットでの勝負に大切なこと!

株式会社アドウェイズ 中華圏担当 埴渕修世氏
株式会社アドウェイズ 中華圏担当 埴渕修世氏

 連載第2回は、上海にて4年間中国デジタルマーケティングに従事し、5月から中華圏担当として台湾・上海・香港を担当する埴渕修世(はにぶち しゅうせい)が、消費者の具体的なスマートフォンの利用状況から、スマートフォンビジネスのアプローチについて解説します。調査から得た数字ではなく、現地のユーザーにフォーカスを当てて、いま流行っているもの、そして現地のユーザーの雰囲気が伝わればと思っています。

 国内市場においては、当然のように多様なターゲット消費者がいるということを認識していますが、海外進出を検討し始める段階においては、「中国人」「ベトナム人」「タイ人」という単位でひとまとめにして考えてしまうことがよくあるように思います。

 実際にはお金持ちの人、頭がいい人、音楽が好きな人など日本人同様に十人十色なのですが、消費者の顔というものが見える機会がないことが原因で「◯◯人」として議論することが多いようです。そこで今回は、現在私が生活する台湾の人にフォーカスしながら、台湾市場だけでなく、中国市場についての状況をレポートさせて頂きます。

FILE 01:長身モデル風の美女・郭さん

 まず1人目の調査は郭さん(仮名)。スレンダーな170cmを超える長身モデル風の21歳学生です。 

よく使うアプリ:WhatsApp、美图秀秀(mei tu xiu xiu)、Instagram
ゲームはする?:少し
日本のコンテンツで好きなもの:ハローキティ、かわいい。
有料アプリ、アプリ内アイテムを買ったことは?:Angry Birds
携帯での購入経験は?:ありません

 おそらくどの国の若者でも共通ですが、郭さんもコミュニケーションツールを多く利用していました。目立ったのはインストールしているカメラアプリの多さです。カメラのフォルダが2つあり、合計20個近くのアプリをインストールしていました。日本以外のアジア圏では、自分撮りをすることが多いです。郭さんも写真撮影をお願いするとばっちりポーズも決めてくれました(右下の写真)。

 美图秀秀(mei tu xiu xiu)という中国発のカメラアプリは、中国人女性は必ずと言っていいほどインストールしています。このアプリのウリは「PhotoShopよりも簡単に写真をきれいにできる」というもの。

 中華圏で「PSする」という動詞があるほど女性はPhotoShopの技術に長けていることが多く、このアプリもPhotoShop同様の機能を簡単に利用できるというクチコミのしやすさが人気の秘密かと思います。現在、PC版も含め1.2億人が使っているとアプリのホームページには記載されています。
(注:本稿写真には加工は加えていません)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
FILE 02:アパレル企業で働く陳さん

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
デジタルマーケティング活用の最新事例レポート連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

埴渕 修世(株式会社アドウェイズ)(ハニブチ シュウセイ(カブシキガイシャ アドウェイズ))

facebook⇒shuseihanibuchi 微博(中国ミニブログ)⇒小哈from日本 アドウェイズ入社後、日本本社モバイルチームを経て、愛徳威広告(上海)有限公司(中国アドウェイズ)...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング